GENKINGの病気・現代型依存症って?活動休業の理由は「いいね!」?

スポンサーリンク

GENKINGさんは、2015年の行列のできる法律相談所で、初めてテレビに初登場し、自らオネエでることを公表しました。

その後、バラエティ番組にも多く出演し、ファッションや美容に関しても注目の的とされるようになりました。

しかし、病気などでも活動が一時期危ぶまれたり、借金をしてしまったり・・・と大変な思いもあれてきたGENKINGさん。

今回は、GENKINGさんの身に振りかかってきてしまった『現代型依存症』とは、なんなのか調べてみました。

 

 

 

スポンサーリンク

GENKINGって?現在は?

 

まずは、GENKINGさんのプロフィールから見ていきましょう。

 

名前・・・GENKING(本名:田中 沙奈)

生年月日・・・1985年11月18日(2018年2月時点で32歳)

出身地・・・愛知県豊橋市

血液型・・・A型

身長・・・176cm

体重・・・54kg

 

物心ついたころから、女の子の服装など身に着けるようになり、17歳の時にジュノンボーイの愛知県選抜に選ばれて、芸能界に入りました。

2014年には、GENKINGさんのアパレルブランド「BARASS」を設立し、ファッションに関しても注目されるようになっていったのですね。

2015年に行列のできる法律相談所で同性愛者であることを告白し、オフィシャルファンクラブも立ち上げた矢先、2016年に積み重なった心労がたたり、病気の発症などに悩まされてしまいました・・・。

この話を聞いた時は、さすがにショックというか、心配になってしまいましたね。

本人にそれほどの苦しみがあったことに、衝撃でした。

2017年に「しくじり先生」などで、再びテレビに出演されて安心した半面、「ザ・因縁」では美川憲一さんお説教をくらっている姿を見ると・・・また心配になってしまいました・・・。

 

ですが、現在はブログで正式に戸籍上も女性となり、プロフィールに記載したように、GENKINGさんの本名であった「元輝」ではなく「沙奈」という名前に変わり新しい人生を歩んでいるようでした。

スポンサーリンク

ここからは、GENKINGさんの活動休業の理由や、依存症について書いていきたいと思います。

 

GENKINGの現代型依存症とは?

 

GENKINGさんは、これまでにも心労がたたって活動できなくなってしまった時期がありましたね。

GENKINGさんは、幼少の頃から自分がなぜ男の子なのに、女の子の服などの方が好きなのか?疑問に思い悩んでいたそうですし、芸能界に入ってからも男性を好きになり、お付き合いするもなかなか関係がうまくいかず、苦しい日々があったそうです。

さらに、テレビでのトーク力や、視聴者からの批判に悩み続けた結果、難聴などに悩まされるようになったのだとか。

 

小さい時からの悩みは、割と大人になっても改善されなかったり、永遠のテーマのような感じになってしまいがちですよね。

心無い言葉は心に深く突き刺さり、トラウマという形で、心の傷にもなってしまいます・・・。

GENKINGさんもきっとずっと忘れることのできない傷になってしまったのではないでしょうか。

 

ここから、さらにGENKINGさんの「現代型依存症」ともいわれる病に陥ってしまったんです。

それは、SNSで「私は素敵な生活をしている」というようなアピールをしてしまうことでした。

お金持ちで、何不自由ない、悩みもない生活を送っていると思われたくて、そのように自分の身の丈以上のアピールをしてしまったんですね。

 

 

 

GENKINGの活動休業の理由は「いいね!」だった?

 

FacebookやTwitter、インスタグラムでは「いいね!」という相手の投稿に対して共感の意味や羨ましいなどといった気持ちを表す時に使うボタンがあります。

その「いいね!」こそがGENKINGさんを借金地獄に陥れてしまったようです。

 

ストレスでどん底に陥ってしまい、高価なものを購入してSNS上で「輝いている自分」を演じて「いいね!」がたくさんつきいつの間にかその行動が積み重なり、1000万円の借金を抱える結果になってしまいました。

「いいね!」は人から共感してもらえたり、自分を見てくれているという快感にもなってしまうので、こういったことが起きてしまったのでしょうね…。

GENKINGさん以外にも、このSNSに関する病気が世間でも取りざたされたことがありましたね。

子どもが怪我をした写真をSNSに載せて、「可哀そう」や「大丈夫?」などの声が心地よくなってしまい、わざと怪我をさせて写真を撮って投稿する『代理ミュンヒハウゼン症候群』なども現代型症候群といってもいいのではないでしょうか?

 

これは一見、酷い親!と非難してしまいがちですが、こういった行動を起こしてしまう人にはどこかに「闇」があるんですね。

心の病が元となって、さらに悪い方向に走ってしまうという本質を理解してあげることができたら、もしかしたら救える人もいるかもしれませんね。

 

まさにこのことが原因で活動休業に追い込まれてしまったGENKINGさんですが、しくじり先生でもこの現代型症候群についてお話されていたように、今後SNSで苦しむ人が増えないことを願いたいです。

現在は、芸能界から一度離れ美容の道に進み、見違えるほど、GENKINGさんは美しく輝いています。

自ら、ブログで名前を変えたことやこれまでの辛かった経験が綴られており、グッとくるものがありました。

現代型症候群を乗り越えて借金も全て返済もしたようで、これからがGENKINGさんの本当の人生の始まりなのかもしれないですね!

ぜひとも応援していきたいです!

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です