渡部暁斗 ワックスマンがミスをした?敗因は飛ばしすぎではなかった?

スポンサーリンク

ノルディック複合の渡部暁斗選手ですが、ノーマルヒルでは2大会連続の銀メダルを獲得しました。

さらに、ラージヒルでは本人も金メダルを絶対に獲得するぞ!と意気込んでいましたし、金メダルの期待を背負っていましたね。

今回のラージヒルは惜しくも5位と、表彰台を逃してしまい、後半は飛ばしすぎたと語っていましたが、実は『ワックスミス』だった?と衝撃的なお話が舞い込んできたので、どういうことなのか調べてみました。

 

スポンサーリンク

敗因は飛ばしすぎではなかったって本当?

 

ノルディック複合の競技は、クロスカントリースキーと、スキージャンプの2つの競技が合わさった競技です。

今回の平昌オリンピックでは、渡部選手はノーマルヒルで見事に銀メダルを獲得していました。

ラージヒルでは、なんとドイツの選手が表彰台を独占する結果になってしまい、渡部選手も相当悔しそうにしていましたね。

前半の飛躍は、調子が良く金メダルも目前かと思われたのですが、後半のクロスカントリーで9キロ過ぎたあたりでスキー板が絡み、追い抜かれてしまいました。

渡部選手は今回のラージヒルの競技内容については・・・

『前半とりあえず逃げてみようと思って、けっこうハイペースで入ってしまったっていうのもありましたし、そこで力を使ってしまった。』

と語っていました。

渡部選手は「飛ばしすぎた」と自分自身について反省を述べていましたが、実はもっと重大な”敗因”がありました。

 

それは、【ワックスミス】です。

これは誰から見ても明らかな敗因だということでした。

1995年のカナダで行われた世界選手権でも当時の萩原健司さんも、全く同じことが起こりジャンプでは首位についていたのに、ワックスミスが原因で、結果表彰台を逃す5位に終わってしまったことがあったようです。

これは、本当に悔しいことだったと思います。

滑らないスキー板でのクロスカントリーは激しく体力を消耗してしまいます。

気になるのは、やはりワックスを塗った人物ですよね。

この大事なオリンピックになぜ、間違えてしまったのでしょうか?

スポンサーリンク

 

 

渡部暁斗のワックスマンって誰?

 

ノルディック複合では、ワックスを塗る専門の方がいて、ワックスやスキーの調整なども選手やコーチなどが行っているわけではありません。

さらに、ひとりひとり担当者がいるのではなく、国別で決められているようです。

日本チームのワックスマンは・・・

 

オーストリア人シェルブル・ウェルナーという方がやってくれているのです!

それは萩原さんの時代から変わっていないようですが、競技場となる会場や雪の状態を判断してワックスも変えていかなくてはならないのは、大変そうですね…

さらにラージヒルの競技が行われた場所は、人工雪でワックスの調整もかなり難しいらしく、ワックスミスというのも明らかなミスではなく、『最大限調整した』が、人工雪に合わせるのはよほど難しかったことが想像つきます。

なので、ワックスマンの方が100パーセント悪いわけでもないのですね・・・

 

 

言い訳嫌いの渡部暁斗がかっこいい!と話題に!

 

今回のラージヒルの敗因は明らかなワックスミスが報道されている中、渡部選手のコメントに「ワックス」のワの字もでてきませんでした。

自分の実力をワックスのおかげで、発揮できなかったにも関わらず言い訳は一切せずに、「飛ばしすぎた」発言にはメディアもファンの方も賞賛の声続出でした。

なんでも、渡部選手は言い訳が嫌いだということでした。

さすが、アスリートと呼ばれる選手ですよね。

ワックスやワックスマンのせいには決してしない、渡部選手はとっても器が大きな方です。

この結果に、渡部選手だけではなく、恐らくワックスマンの方も相当悔やまれた試合となってしまったのではないでしょうか。

 

これから、渡部選手らは帰国しますね~!

それでも銀メダルを獲得して日本に無事に帰って来てくださることは本当に嬉しくホッとしますよね!!

今回のワックスミスに関してはとても悔やまれますが、今後のご活躍に期待したいと思います!

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です