長嶋一茂が偉そうな理由は?モーニングショーでの発言がひどい?

スポンサーリンク

長嶋一茂さんは、元プロ野球選手で野球選手を引退してからも、多くの番組でタレントとして活躍しています。

報道番組から実況、ドラマにCM、プロからタレントに転身後の方が逆に忙しいのではないかと思うくらい引っ張りだこ!

そんな中、物事に対して熱く語るイメージもありますが、上から目線のような発言をするときもあって、視聴者からは、「偉そう!」という声が上がっています。

なんでクビにならないのかといった声や、発言がひどい!という声もあがるほど。

今回は長嶋一茂さんが偉そうだと言われる原因について、調べてみました。

 

スポンサーリンク

長嶋一茂が偉そうな理由は?

 

国民の皆様なら誰でもご存知の長嶋一茂さんですが、ここで最初に軽くプロフィールを載せたいと思います。

長嶋一茂さんは、それこそ誰もが知っている長嶋茂雄さんの息子さんですよね!

1966年生まれで現在は52歳です!お若い…。

プロ野球時代はヤクルトと巨人で活躍しました。

タレントに転身後は、様々な天然発言からか、面白い一面もあり、トークも上手いので多くのテレビ番組で活躍するようになりましたね。

そしてやはり、長嶋茂雄さんの息子さんというだけあって、キャラが濃い。(笑)

視聴者からは毒舌なため、偉そう!という声が多く上がってしまっているようです。

元々、サバサバした性格っぽい感じがするので、そのキャラが壊れてしまうと、イメージが大分壊れてしまうのでキャラ作りというように考えることもできますが、実際のところどうなのでしょうか?

とは言いつつも、現場を凍りつかせる場面が多かったのですね。

特にモーニングショーでは度々、長嶋一茂さんの発言が偉そうだと噂されるようになりました。

スポンサーリンク

 

長嶋一茂【モーニングショー】でのひどい発言って?

 

モーニングショーの歴史は長く、1964年から放送開始となり、日本で初めてのワイドショーとして放送されていました。

ところが、1993年に一度番組は打ち切られてしまいましたが、22年ぶりに『羽鳥慎一モーニングショー』とし、復活を遂げました。

現在は平日の午前8時から9時55分までの放送ですが、そこで長嶋一茂さんはコメンテーターを務めているわけですね。

ここでも、毒舌トークがさく裂し、視聴者だけではなく共演者の方まで困惑させる事態になっていました。

そのトーク内容は・・・

 

北朝鮮のミサイルごときでギャーギャー言うな

 

大学センター試験が行われた1月14日、JR函館線の特急列車が運休したため、それに乗る予定だった受験生をJR北海道がタクシーで試験会場まで送ったというニュースを番組が伝えると、一茂は得意顔で「夏にやればいいじゃない」

Rakuten Newsより引用

などでした。ミサイルごときでギャーギャーいうな。というのは北朝鮮がミサイルを発射し日本を通過した時に鳴ったJアラートについて、話していた場面ですね。

しかし、一説では本当は長嶋一茂さんの偉そうな発言は、もう一人の方の失礼な発言が原因だという噂があります。

モーニングショーでは、長嶋一茂さんの他にもコメンテーターがいまして、玉川さんという方がこの発言の前に、長嶋一茂さんに対してひどい発言をしたと言います。

それは、長嶋一茂さんが『Jアラートが鳴った時はどんな気持ちでいたらよいか』真剣にはなそうとした時、玉川さんが『そのオツムで?』と言ったそうです。

 

これには、さすがに長嶋一茂さんもイラっとしてしまったのでしょうね・・・

普段から毒舌なキャラでなければ、大炎上していたであろうこの発言も、長嶋一茂さんのキャラが守ってくれたような気がします。

 

大学受験の発言に関しては、面白い領域です!(笑)

さすが天然ワードをたくさん世に繰り出されてきたお方だな~と思いました。

スポンサーリンク

 

長嶋一茂はなぜクビにならない?

 

そんなこんなで、モーニングショーでも、まだまだ困惑させてしまったエピソードなどあるのですが、なぜクビにならないのか?という声も多いですね。

真面目に世間的に正論だと思うことを言う時もありますし、キャラが確立されているので、芸能界には必要な存在だと思います。

坂上忍さんや、カンニング竹山さんもたまに凄い発言をしますが、人気ありますよね!

始まりは綾小路きみまろさんから始まっているのではと思います(笑)

人間いじることやいじられることで、笑いが起きる時もありますし、『毒舌なのがお茶の間を沸かせる』というネット上の意見もありました。

 

バラエティに出演される時もいい味だしてますし、毒舌と天然のコラボはなかなかいないですよ!

偉そうだと言われつつも、大好きな方もいると思います。

長嶋一茂さんだから見える世界や、言えること、それに共感する人もいるわけですね。

今後も長嶋ワールドに期待したいと思います。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です