麻疹(はしか)はマスクで防げる?効果やおすすめは?予防方法も!

スポンサーリンク

近年では、日本では大流行するということがなかった【麻疹(はしか)】ですが、沖縄では、麻疹にかかる方が急増しています。

その為、GWの沖縄への観光客の減少が心配されていますね。

実際にすでにキャンセルが相次いでいるということですが、沖縄以外にも感染者が行ってしまっているので、沖縄に行かなければかからないという保証もないわけですね。

なので、今回はGW楽しく過ごすためにも麻疹の予防方法はないのか、まとめていきたいと思います。


 

スポンサーリンク

【麻疹(はしか)】の症状って?

麻疹というのは、急性熱性発疹性のウイルス感染症です。

発症年齢は1歳以降なら何歳であっても、かかってしまう可能性があり重症になるとお亡くなりなってしまう方もいる怖い病気です。

感染経路も、飛沫・接触・空気と幅広く、それだけ感染力も非常に強いウイルスです。

なので、お子さんでも国から予防接種を受けるように言われているんですね。

 

今回話題になっているのは、台湾からの旅行客の方が麻疹にかかったということを気が付かないまま日本にきてしまったところから、短期間のうちに幅広く感染してしまったということでしたね。

またインフルエンザなどのように、潜伏期間があるので気づかれにくいのではないでしょうか?

では、麻疹とは具体的にどういった症状が現れるのか、おさらいしていきましょう!

 

~麻疹の症状は~

10〜12日の潜伏期ののち、発熱で発症します。発熱期は咳、鼻水、結膜炎症状が強く、38℃以上の発熱が数日続きます。

病気の経過中、いちばん感染力が強い時期です。その後、いったん解熱傾向を示しますが、すぐに耳後部付近から発疹が現れるとともに、39℃以上の発熱が数日続きます。

発疹出現前後1、2日間に、口腔粘膜(臼歯の横付近)に白い粘膜疹(コプリック斑)が現れます。この粘膜疹は麻疹に特徴的であるため、これを確認して麻疹と臨床診断されることがほとんどです。

発疹はその後、顔面、体幹、手足に広がって全身の発疹となり、数日後、色素沈着を残して回復に向かいます。

 

肺炎、中耳炎を合併することが多く、1000人に0・5〜1人の割合で脳炎を合併します。また、麻疹ウイルスに感染後、とくに学童期に発症することの多い中枢神経疾患として、亜急性硬化性全脳炎(SSPE)があります。

知能障害、運動障害、ミオクローヌスなどの症状を示し、発症から平均6〜9カ月で死亡する進行性の予後不良な疾患です。発症頻度は麻疹にかかった10万人に1人程度といわれています。

引用元:家庭の医学公式Webサイト

 

麻疹だと判断されるポイントは、口腔粘膜の発疹のようですが初期症状は他の風邪やインフルエンザとあまり変わりがないため、本人としても、周りからしても判断がつきにくいところがあります。

 

さらに、赤ちゃんの場合は麻疹の予防接種前は、いくら母親からの免疫が体内に残っていても重症化する可能性があるので、気を付けなくてはいけないポイントです。

といっても、予防接種を受ければ絶対にかからないのか?ということも気になりますし、私たち自身で予防できるものなのかというところを次の章からまとめます。

 

 

【麻疹(はしか)】はマスクで防げるの?

 

麻疹は飛沫・接触・空気感染する強力なウイルスですが、もうすぐ世の中は、楽しいゴールデンウィークがやってきます。

せっかくのゴールデンウィークに外出禁止や、旅行に行ったものの何もできずに現地の病院で過ごさなきゃいけないなんて、嫌ですよね…(:_;)

 

そこで皆様が1番に思いつく予防方法といえば、『マスク』の着用ではないでしょうか?

テレビでは、「マスクをしていても感染します。」と言っていますが、どこへ行ってもできる予防はしたいということで、マスクが意味ないとしてもしないで行くわけにはいきません。

今回はマスクはマスクでも、今はいろいろな種類がありますよね。

種類別の効果やおすすめをご紹介します。

 

麻疹も予防したいマスク①:N95マスク

 

 

N95マスクは0.1~0.3μmの微粒子を95%以上除去できる高性能のマスクで、鳥インフルエンザ、新型インフルエンザ、PM2.5、花粉、黄砂などを防げると言われてます。

スポンサーリンク

0.1μmというのは、麻疹ウイルスの100mnとイコールの単位で、95%以上除去できるというというので、おすすめです。

麻疹以外にも花粉やインフルエンザ予防にもなるので、旅行中はなるべく着用していた方がよさそうです。

 

麻疹も予防したいマスク②:F99サージカルマスク

 

 

こちらも、インフルエンザや擬似ウィルス(テスト用ウイルス)0.076μmのウイルスを入り込ませない研究結果がでているマスクなので、麻疹のウイルス100mnの0.1μmよりも遥かに小さい0.076μmですので、人込みでは特に着用しておくと、安心ですよね。

 

こちらのふたつは、空気の吸い込みによるウイルスの入り込みを防いでくれるマスクですが100%の予防ができるというものではありませんが、やはり普段使用しているようなマスクよりは、予防効果があると思います。

 

使用方法も1回着用したら、繰り返し使うのではなく、よれてしまっては予防効果も下がってしまいますし、1回使い切りで何枚も持っていくようにしましょう!

 

さらに1回に使用時間も12時間の効果という記載があるものも、あるのでずっとマスクをしている方でも、定期的に新しいものに交換しながら着用するのがより、効果は比較的維持できるのではないかと思います。

 

 

【麻疹(はしか)】の他の予防方法は?

 

他の予防方法というところでも、まとめていきたいのですが、最大の効果が期待できるのは『予防接種』ですね。

予防接種は2回受けておくと、麻疹に感染する確率は限りなく低くなると言われています。

ですが、抗体が体内で出来上がる時間も考えた方が良いので、旅行の予定がある2~3週間前には2回目を終わらせた方がいいみたいですね。

 

さらに、他にも今はウイルスブロックとして、空間除菌の持ち運び版のような商品がいくつかあうのですが、これはインフルエンザや、風邪、ノロ、ロタなどのウイルス対策となってしまいます。

 

 

なので空間除菌のようなものは、麻疹には効果はないに等しいですが、旅行中気になるのは麻疹だけではないと思いますので、持っていくのはいいと思います♫

特に小さくてまだ、マスクなど着用してくれないお子様がいる場合は、インフルエンザなどの予防に役立てるのではと思います!

 

あとは、アルコール除菌シートやスプレーなどは接触感染を防ぐことができますので、用意していった方がいいと思います。

手洗い・うがいもまめに行うとよいでしょう(‘◇’)ゞ

 

ここまで、麻疹予防についてまとめてみましたが、これらは100%の確立はないもののなにもしないよりは、気持ち的にも余裕をもってお出かけできるのではないかなぁと思いました。

ぜひ、GWや他の連休でもウイルスに負けずにENJOYしましょうね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です