森崎ウィン 英語話せる理由はハーフ?高校や大学は?ハリウッド動画

スポンサーリンク

 

今とても話題となっているスティーブンスピルバーグ監督の最新作『レディプレイヤー1』に日本の俳優さんである【森崎ウィン】さんが大抜擢!!

いろいろ調べていると、この方は何者なんだ?(;’∀’)

と思うくらい凄い方のような感じがしたので、映画のことについてもまとめていきます!

スポンサーリンク

森崎ウィンの【プロフィール】

 

名前・・・森崎ウィン

生年月日・・・1990年8月20日(2018年4月時点で27歳)

出身地・・・ミャンマー

 

森崎ウィンさんは、小学校4年生の時に日本に引っ越してきて、その後中学校2年生でスカウトされ芸能界に入りました。

現在は一時活動休止をしていますが、PrizmaXというグループのメインボーカルで、なんと作詞作曲まで担当しています♫

今回の『レディプレイヤー1』の撮影が終わったらPrizmaXの活動を再開するようです。

 

気になるところが、とっても多い森崎ウィンさんは、なぜ日本に来たか?というところですが調べてみてもそこについては不明でしたね。

ご両親と弟さんとみんなで引っ越してきたということだったので、よくあるのがご両親の仕事の都合や、日本に住むという憧れがあったということが可能性としてはありそうです。

 

さらに名前が「森崎ウィン」で、しかも英語がペラペラだということで、森崎ウィンさんはハーフなんじゃないかな?と思われているようですので、ハーフかどうかというところは次の章でまとめていきますね(*‘∀‘)

 

これまでには、多数映画やドラマにも出演していました!

有名どころで言えば、『闇金ウシジマくん』や、『ごくせんThe movie』にも出演されてたのですね~(‘Д’)

この時のごくせんは三浦春馬さんや中間淳太さんが生徒役だった頃のです♫

 

私はこの頃は、全く芸能界について疎かった時代だったので気づかなかったというか、知らなかったんですね~!

歌手もできて、俳優業もできて、現在となればハリウッドデビューも果たし?

さらには英語ペラペラのハーフ?

どうゆうこと?(笑)

 

ただものではないな(; ・`д・´)!

 

ということで次の章へ行ってみましょう!

 

 

森崎ウィンが英語を話せるのはハーフだから?

 

ここからが本題ですが、プロフィールのところでも、お話したように森崎ウィンさんは今回見事にハリウッドデビューを果たしましたが、ハリウッドということはもちろん英語で、会話しなくてはいけませんよね?

今回だけではなく、森崎ウィンさんのYouTube動画ではミャンマー語、英語などをペラペラペラペラ・・・凄い!

 

私は英語そのものが大好きなので、森崎ウィンさんの英語は発音もいいし、聞き惚れるほどでした。

本人曰く撮影が始まった2016年頃はまだまだ英語力もまだまだで、コミュニケーションをとるのに苦労したと語っていましたが・・・

誰もが、ハーフだと確信していましたが答えはNO。

ええ?純日本人なのー?とも思いましたが、それも答えはNO。

 

どういうことかと申しますと、答えは『生粋のミャンマー人』です!(笑)

まさかすぎて笑ってしまいましたが、一気に謎が増えましたがみんながミャンマー人なのに日本に来たきっかけもそうなると、とても気になってきてしまいますよね。

 

ミャンマーは英語圏ではなくミャンマー語があるようで、普段はミャンマー語だった森崎ウィンさんが英語が話せた理由は『おばあちゃんが英語教室を主宰していた』からだそうです。

幼少期化から自然と身に付いたものだから、正確さがなくハリウッドでは少しコミュニケーションをとるのが困難だったということのようですね。

 

さらに森崎ウィンさんのお名前ですが、ミャンマー人と言われるとなんとなく英語圏に住まれている方の付け方とは少し違うのかな~という印象ですよね。

スポンサーリンク

ミャンマーでは「ウィン」という言葉の意味は「明るい」という意味らしく英語の「win(勝つ)」ではないそうです。

 

これはネット上にあった声なんですが、それにしても・・・

 

『森崎』

 

どこから来た名字だ~~~~~~( ;∀;)

芸名なのか、日本国籍を取る為につけた名字なのか・・・

とてつもなく気になります。(笑)

森崎ウィン 高校や大学はどこ?

 

最後に、森崎ウィンさんの出身高校や大学ですが、高校は都立第一商業高校というところらしく渋谷区の代官山にあるそうですね!

中学校の時から、芸能界に入ったという話だったので、てっきり堀越高校かと思いきや。

都立第一商業高校は、財界で大企業の重役を努める等功績を残してる卒業生の方が多くやはり生まれ育った国ではないところなので、日本で生きていくためにもこういったビジネス関係に役立つ高校を選ばれたのかもしれないですね。

 

大学については、通っていたという情報はあったもののどこに通っていたかということは、わかりませんでした。

都立第一商業高校は指定推薦校が決まっているらしく、非公開なのかもしれません。

 

そして、今回はハリウッドデビューも決まったということで、本当の最後に「レディプレイヤー1」のことについて少しだけ書いて終わりにしようと思います(*‘∀‘)

 

 

今回の作品のあらすじは・・・

本作の舞台は、2045年僕の世界。一人のさえない少年ウェイドが「オアシス」と呼ばれるVRワールドで仲間たちと出会い、この世界の天才創設者が残した56兆円の財産を巡って、遺言に隠された3つの謎を解き明かす想像を超えたアドベンチャー。

引用元:レディプレイヤー1公式HP

という近未来的要素が盛り込まれていて、自分がなりたいキャラクターになって、自分自身がゲームの世界に入り込んでいるような世界をベースにした作品です♫

森崎ウィンさんは、超脇役とかそんなんではなくて、主人公の親友役という重要なポジションを演じています!

 

 

もうすでに見に行った方や芸能人の方にお大絶賛で、さすがスピルバーグ監督だな~!と思いましたし、私も機会があれば見たいと思いました!

 

https://twitter.com/taka4848mina/status/987976939112611840

 

夢を与えてくれる映画って本当に素敵ですよね。

私は夢見がちなので、そういった映画が大好きです。

 

日本のキャラクターも続々出演されるようなので(笑)そちらも気になるところです♫

森崎ウィンさんの活躍もこれからも応援していきたいです!

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です