【順位結果】ルマン24時間レース2018決勝の総合結果!賞金はいくら?

スポンサーリンク

 

もうすぐフランスのル・マンで

モナコグランプリやインディ500の世界的なサーキットレースに

並ぶ『ル・マン24時間耐久レース』が開催されますね。

 

もうすでに現地での事前テストが行われたりしていて

レースに対する熱がどんどん熱くなっていきます。

今回は、ル・マン24時間耐久レースの総合結果の

予想をしていきたいと思います!

※正確な結果がでたら、追記という形で正確な順位を

載せさせていただきます。

※正確な順位が出ましたので記事最下部にて追記しています。

スポンサーリンク

【ル・マン24時間耐久レース】2017決勝総合結果!

 

ル・マン24時間耐久レースは、

1923年に初開催された歴史あるレースのひとつで、

フォーミュラ1のモナコグランプリと

アメリカのインディ500と並び「世界三大レース」と呼ばれる。

またデイトナ24時間レース、スパ・フランコルシャン

24時間レースとともに「世界三大耐久レース」とも呼ばれる。

そのため、世界中の耐久レースに大きな影響を与えており

ル・マン・シリーズ (LMS) や世界耐久選手権 (WEC) の車両規定はル・マンのものに準じている。

引用元:Wikipedia

 

と世界的に有名なサーキットレースとなっており、

ル・マンの広大な地域で行われるのですが、この大会には

多くの有名人も顔を現します。

去年のスタートの旗を振ったのは、ブラッドピット

ジャッキーチェンのチーム名が存在するので

ジャッキーチェンも見に来ていたことがあったそうです。

 

なかなか大々的に日本でも注目されるスポーツではないのですが

車好きな方だけではなく、年々注目するファンの方が増えている

スポーツなんですね~。

歴代の大会では、日本車の出場は【日産・トヨタ・ホンダ・マツダ】が

出場していましたが、今年(2018年)はトヨタだけとなっています。

 

トヨタのTSO50ハイブリッドは2016年に最終のラスト1周でのトラブルにより

優勝を逃してしまう悔しい思いをしているので、今回の2018年のル・マンでは

優勝してほしいところですね。

 

それでは去年(2017年)の総合優勝結果(トップ10)を振り返ってみましょう!

順位 チーム名 車種名 ドライバー
1位 ポルシェLMPチーム ポルシェ919ハイブリッド T.ベルンハルト
E.バンバー
B.ハートレー
2位 ジャッキー・チェン・DCレーシング オレカ07・ギブソン H-P.タン
O.ジャービス
T.ローラン
3位 ヴァイヨン・レベリオン オレカ07・ギブソン M.ベッシェ
D.ハイネマイヤーハンソン
N.ピケJr.
4位 ジャッキー・チェン・DCレーシング オレカ07・ギブソン D.チャン
A.ブランドル
T.ゴメンディ
5位 シグナテック・アルピーヌ・マットムート アルピーヌA470・ギブソン N.パンチアティシ
P.ラグ
A.ネグラオ
6位 ユナイテッド・オートスポーツ リジェJS P217・ギブソン W.オーウェン
H-D.サデラー
F.アルバカーキ
7位 グラフ オレカ07・ギブソン J.アレン
F.マテリ
R.ブラッドレー
8位 CEFCマノーTRSレーシング オレカ07・ギブソン T.グレイブス
J.ヒルシ
J-E.ベルニュ
9位 トヨタ・ガズー・レーシング トヨタTS050ハイブリッド S.ブエミ
A.デビッドソン
中嶋一貴
10位 チェティラー・ウィラボア・コルセ ダラーラP217・ギブソン R.ラコルト
G.セレナジオ
A.ベリッチ

 

という結果でした。

トヨタは2016年の悲願達成とはならなくて、とても残念でしたね。

しかし例年、ポルシェチームは本当に強いですね。

恐らくきっと今年も(2018)も上位に食い込んでくることでしょう。

【ル・マン24時間耐久レース】2018決勝総合結果・予想!

 

さてさてここからが、本題となってきましたが

今年はもう残りルマン開催まで2週間ほどとなってきました!

トヨタも事前テスト走行で、かなりいい調子がでているようで

今年こそは悲願達成したいところです。

では、さっそく順位予想をします!

スポンサーリンク
順位 チーム名 車種名 ドライバー
1位 トヨタガズーレーシング トヨタTSO050ハイブリッド M.コンウェイ
2位 ポルシェGTチーム ポルシェ911RSR P.ピレ
3位 トヨタガズーレーシング トヨタTSO50ハイブリッド S.ブエミ

4位

ジャッキーチェンDCレーシング オレカ07ギブソン J.ジャファー
5位 ポルシェGTチーム ポルシェ911RSR R.リンツ
6位 BMWチームMTEK BMW M8 GTE M.トンチャク
7位 フォードチップガナッシチームUSA フォードGT A.プリオール
8位 ジャッキーチェンDCレーシング リジェJS217ギブソン D.チャン
9位 レべりオンレーシング レべリオンR13ギブソン T.ローラン
10位 クリアウォーターレーシング フェラーリ488 GTE J.ジェファー

 

3度目の正直ということで、あの不具合から3戦目。

今回こそは優勝してほしいですし、事前テストでも好調なようなので

上位の予想です。

他もル・マンのニュースなどを見てみて、好調かつ歴代でも結果を出してきている

チームは上位の予想ですね!

Twitterでもこんな声があります。

やはり、日本からはトヨタを応援する声が多いですが

ポルシェなどのファンもたくさんいます。

私も遠いかもしれませんが、日本からエールを

贈り続けたいと思います♫

 

【ル・マン24時間耐久レース】賞金はいくら?

 

最後に気になるル・マンの賞金ですが、総合優勝には4万ユーロ(約500万円)。

賞金は5位ま与えられますが、5位までになると1万2000ユーロ(約150万円)。

ル・マンは他の世界三大レースの中でも一番賞金が低く、ル・マンはお金の為という

よりは名誉のために競うそうですね。

なので多くの有名人も見に来るほど白熱した戦いになるのでしょうね。

 

今回はル・マン24時間レースの総合結果の予想を

お届け致しました。

ル・マンは1周5500kmもあり、時速300km近くで走り続ける

過酷なレースですが、過去起きた悲惨な事件が起きることなく

また新たな伝説に名を残せるような白熱した大会になることを

楽しみにしています!

トヨタ!頑張れ!(^^)/

2018/06/18★追記:【順位結果】ルマン24時間耐久レース2018

 

1位:トヨタ・ガズー・レーシング
トヨタTS050ハイブリッド
S.ブエミ
中嶋一貴
F.アロンソ

2位トヨタ・ガズー・レーシング
トヨタTS050ハイブリッド
M.コンウェイ
小林可夢偉
J-M.ロペス

3:レベリオン・レーシング
レベリオンR13・ギブソン
T.ローラン
M.ベッシェ
G.メネゼス

4位:レベリオン・レーシング
レベリオンR13・ギブソン
A.ロッテラー
N.ジャニ
B.セナ

5位:Gドライブ・レーシング
オレカ07・ギブソン
R.ルシノフ
A.ピッツィトーラ
J-E.ベルニュ

6位:シグナテック・アルピーヌ・マットムート
アルピーヌA470・ギブソン
N.ラピエール
A.ネグラオ
P.ティリエ

7位:グラフ-SO24
オレカ07・ギブソン
V.キャピレー
J.ヒルシ
T.ゴメンディ
A.クーニュ

8位:TDSレーシング
オレカ07・ギブソン
F.ペロード
M.バキシビエール
L.デュバル

9位:ユナイテッド・オートスポーツ
リジェJS P217・ギブソン
H.デ・サデラー
W.オーウェン
J.P.モントーヤ

10位:ジャッキー・チェン・DCレーシング
オレカ07・ギブソン
J.ジャファー
N.ジェフリ
W.タン

 

という結果になりました!!

やったーーー!!という感じですね(*‘∀‘)

トヨタが悲願達成しましたし、しかもワンツー

フィニッシュです。本当に日本のファンにとっても白熱した

レースになったのではないかと思います!

来年も優勝してほしいですね♡

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です