【一瞬に咲け】漫画家(なかはらももた)って誰?ドラマ化の噂も!

スポンサーリンク

 

現在の朝の連ドラ『半分、青い』の鈴愛のデビュー作

『一瞬に咲け』が実際に花とゆめの16号(7月20日発売)に

掲載されることが決まりましたね!!

 

 

 

ドラマの中の漫画が実際に読めるのは、半分青いファンとしても

嬉しいところですよね♫

今回は【一瞬に咲け】についてまとめていきます。

 

 

スポンサーリンク

【一瞬に咲け】の漫画家(なかはらももた)って誰?

名前・・・なかはら ももた

生年月日・・・1972年8月24日(2018年7月時点で45歳)

出身地・・・石川県

 

 

なかはらももたさんは、1991年19歳で『ぶ~け』(少女漫画誌)に

掲載されていた『マスカレード共和国』でデビューしました。

これまでにも朝の連ドラにはゆかりがあり、『マッサン』を漫画化していたり

『あまちゃん』のあまちゃん絵祭りというTwitter上で発生したイベントにも

参加し大注目を集めました。

 

 

 

絵がいい意味で昭和チックで古き良き時代の良さを感じられますね♫

私は、かなはらももたさんの絵を見ると、小学生の時に母と一緒に

漫画を読んでいたことを思いだして、懐かしく温かい気持ちに

なりますね。

 

 

 

【一瞬に咲け】はどんな話?【ネタバレ要素アリ】

 

 

番組を見ている方や、花とゆめに掲載される漫画を実際に読む方には

わかる内容かもしれないですが、まだこれから楽しみにしているんです!

という方にとっては、多少ネタバレを含んでしまうので見たくない方は

ここはスルーしていただければと思います。

 

ですが、ちらっとなので読んでいただきたいのが本音ですけどね・・・泣笑

 

 

私もたまに、気になって半分、青いを見ていますが

なぜかネット上では『一瞬に咲け』の内容を知っている方が多数!!

ええ~私は見逃したのだろうか。。

と思いつつも、なんと『一瞬に咲け』は『半分、青い』の脚本家・北川悦吏子さん

の別の作品『運命に、似た恋』の主人公の息子の恋物語だとか!!

 

 

『運命に、似た恋』は2016年にドラマ放送されており、原田知世さん演じるカスミと

斎藤工さん演じるユーリの恋物語でしたね。

 

 

 

斎藤工さんは、『この時にまた機会があれば私の作品にでてほしい』と言われ

正直、社交辞令かな?と思ったらしいのですが今回の『半分、青い』にも

出演依頼が来たということで、嬉しいと語っていたそうです♫

 

 

 

話はそれましたが、カスミの息子桜井つぐみと、つぐみと同じ高校に通う

写真部のカメ子の物語が『一瞬に咲け』となっているようです。

 

『運命に、似た恋』では、カメ子がつぐみに密かに想いを寄せていて

スポンサーリンク

隠し撮りをしていたようですね。。(笑)

 

これは、本当に読みたい!!その一言に尽きますね!!

花とゆめ16号は早速、本屋さんで予約しないと売り切れてしまうのでは

ないでしょうか~~~(; ・`д・´)

 

【一瞬に咲け】はドラマ化する?

 

漫画化も十分楽しみではありますが、実はすでに

ドラマ化希望者も続出しています。

 

 

とTwitter上でも『運命に、似た恋』で出演した西山潤さんと、久保田紗友さん

と同じキャストでお願いしたいとのことでした。

 

 

私が好きな韓国の監督さんに、イ・ビョンフン監督という方がいまして

イビョンフンファミリーといってだいたい、イビョンフン監督の作品に出る

俳優さん、女優さんは決まっているのですが、日本でもその現象が

起きつつあるように感じますね!!

 

 

運命に、似た恋でも原田知世さんも出ていましたし、斎藤工さんも

半分、青いに出演されるということで『一瞬に咲け』のドラマ化期待の声が

あるので、北川ファミリーの出演が決まると嬉しいですね♫

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です