水上バイクで救助が危険って本当?ネットが炎上の理由が怖すぎる

スポンサーリンク

 

今回、西日本豪雨で岡山県倉敷市真備町にて

一般人の方が、水上バイク(ジェットスキー)で

15時間かけて120人を救助したという素晴らしい

ニューズが入ってきましたね。

 

しかし意外にも今回の水上バイクの救助は

危険だと酷評についてや、ネットの声をご紹介します。

 

スポンサーリンク

水上バイクのニュースの内容は?

 

7日昼前、岡山県総社(そうじゃ)市の建設業、

内藤翔一さん(29)は、同じ真備町出身の後輩で

岡山市に住む上森圭祐さん(25)から電話で頼まれた。

 

地元の浸水被害に、内藤さんは「なんかできんか」と思っていた

矢先だった。趣味で水上バイクに乗ることがあり、免許も持っている。

総社市の自宅から真備町はほど近い。

「すぐ行っちゃるわ」

水上バイクを友人から借りて、出発した。

昼過ぎ、泥水は民家の2階ほどまで上がり、水かさは依然として

少しずつ増していた。木やタイヤなど様々なものが流れ、油の臭いが

鼻を突いた。ヘリの音が響く中、ベランダや屋根の上に避難している

人々から救助を求める声が、数メートルおきに聞こえた。

 

「助けて」「こっち回って!」

「次行くけ、待っとって」と伝え、最初に上森さんの母親を救出した。

取り残されている人々の多くが高齢者。自力でバイクに乗ることができず、

抱きかかえる必要がある。途中から地元の後輩にも手伝ってもらった。

助け出した人々は、高台にある森泉寺まで運んだ。

 

近くの岩田忠義(ただよし)さん(73)夫婦も内藤さんたちの

バイクに助けられた。軒下まで水が迫り、夫婦で屋根の上に避難した。

昼過ぎに119番や110番で救助を頼んだが、助けは来なかった。

ヘリが近くを飛ぶ度にタオルを巻いたさおを振って助けを求めた。

 

数時間すると「ブーン」と鈍い音が響いた。「もしかして、

やっと助けが来たのか」。近づいてきたのは水上バイク。

内藤さんから「子どもを先に運ばせてな。絶対戻るけん、

絶対間に合うけん、頑張って」と励まされ、ほっとした。

 

しばらくして、約束通り内藤さんは来た。バイクに乗りながら

「じいちゃん、命がけで助けたんじゃけ、長生きしてよ。絶対で」

と肩をたたかれた。

うれしくて、涙が出た。

「内藤さんは、町のヒーロー。命の恩人じゃ」

引用元:朝日新聞

 

こちらは、120人助けたうちのほんの一部のストーリー

ですが、今回の豪雨の壮絶さや感動が伝わってきます。

 

本当になによりこの助けた方が、本当に凄い。

一般人ですよね・・・

日々、救助の訓練をされていたわけでもないのに

歴史に名を遺すべき存在のヒーローですね。

 

水上バイクの救助に酷評?

 

そこで、Twitterなどではこの水上バイクについて

感動や、助けた方を称える内容の他にも酷評が多くありました。

スポンサーリンク

https://twitter.com/KikuchiTarao/status/1019758245630525441

 

他にも

・水上バイクで多数を救出した彼は立派だが、水上バイクは災害救助に向かない
ただそれだけ
記事に自衛隊も災害救助の備品として水上バイクを買えとあるからそれは違うと書いただけ
買うなら水上バイクよりもゴムボートと船外機

 

と、彼の危険を顧みずに、人命救助に向かった行動は

結果的に賞賛なんだけれども、という話ですね。

中には、自衛隊に水上バイクを常備する必要があるな

というコメントもあったので、そこに対して

いつでもどこでも使えるわけではないということでした。

 

では、水上バイクがこういった際に、危険な理由は

どういったところなのでしょうか?

 

水上バイクの救助が危険な理由は?

 

一般的な動力付き船舶は船外にプロペラがあり要救助者への接近時などに

回転するプロペラで怪我を負わせるなど危険性があります。

 

引用元:PWC SEA BIRD JAPAN

 

さらに、洪水の場合は普通の海と違い、ごみが海の何倍も

多く、そのごみがプロペラに絡まった時に、簡単に壊れて

人命救助どころではなくなるということでした。

 

もし、しっかりと周りを見ることができない状況だったり

人にぶつかったりすることを考えると恐ろしいですね。

しかし現在は、すでに人命救助に適した水上オートバイというのが

存在するようです。PWC(水上オートバイ)の場合にはインペラーと

呼ばれるスクリュープロペラは船外の露出していないので

要救助者への接近時にも安全なようですね。

 

船外機などプロペラが露出する救助艇などではプロペラガードなどを

設置しますが、やはり巻き込みなどの危険は伴います。

ということで、船外機や救助艇は少ないとはいえ危険が伴うということです。

 

PWC レスキュー用水上オートバイについて

こちらには、ほかにも意識不明になってしまったり

座ることができない救助者用のレスキューレッドという

水上オートバイに連結できるボートまであり、こちらは

水害には多く役立つのではないかと、思いましたが

 

やはりごみが多く出る災害時には、少々危険要素がまだまだ

ぬぐいされないのかと思いました。

 

 

今回は、彼に対する酷評というわけではなく

救助に水上バイクはいつでもオールマイティに対応できる

ものではないということでした。

彼は本当に多くの人の命を、自分の命の危険や

できるかどうかよりも先に行動したということが

本当に素晴らしく言葉にならないですね。

 

水上バイクは今後は危ないとしても、本当に災害時に

対応できるようなより安全な対策ができるといいな~と

心から思います。

 

私は北海道にいて、岡山県などの災害の被害が

多く出た場所からはほど遠いですが、早く元の生活に

戻れるように願っています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です