瀬戸大也の筋肉の画像まとめ!水泳のトレーニング方法は?ジムはどこ?

スポンサーリンク

 

現在、開催されているパンパシ水泳は日本の選手も

力強く見ていて熱くなるものがありますよね!

 

今回は、日本男子の水泳選手・瀬戸大也さん

筋肉についてまとめていきます!

 

スポンサーリンク

瀬戸大也のプロフィールは?

名前・・・瀬戸 大也(せと だいや)

生年月日・・・1994年5月24日(2018年時点で24歳)

出身地・・・埼玉県

 

瀬戸大也さんは小学生の頃から水泳の全国大会に出場経験があり

イアンソープ選手などの当時活躍していた選手に憧れていて、同年代の

萩野公介さんを好敵手として、よきライバルであり憧れの選手と

話していたそうです♫

 

これまでにも金メダル、銀メダル、銅メダルを

数多く獲得していて、2016年のリオ五輪では銅メダルを

勝ち取っています。

 

今回(2018年8月)のパンパシ水泳では、男子200mバタフライでは

優勝と、まさにこれからが注目の選手ですね!

 

 

瀬戸大也の筋肉画像まとめ!

 

ここで、最も注目してしまうのは、瀬戸大也さんの筋肉!

ではないでしょうか?

水泳というのもあり、テレビで見ていてもそのナイスボディに

目がいってしまいます(笑)

 

水泳選手には欠かさせない筋肉が、本当にかっこいいですよね~!!

それではさっそく、画像まとめをしていきます(^^)/

 

瀬戸大也の筋肉画像①

瀬戸大也の筋肉画像②

瀬戸大也の筋肉画像③

瀬戸大也の筋肉画像④

 

いかがでしたでしょうか?

どれもイケメンでしたね~☆

 

次は、この筋肉はどのように作られているのか

見ていきましょう♫

 

瀬戸大也のトレーニング方法やジムは?

スポンサーリンク

最後に瀬戸大也さんのトレーニング方法や、ジムについてですが

一般の男性であっても筋肉質な身体には憧れると思いますし

女性から見ても、目の保養となりますね(笑)

 

 

昔は、『水泳選手は暇さえあれば泳ぐ練習をしろ』という

指導方針だったようですが、現在では競泳にはー

 

・体脂肪

・肥大した筋肉

・広い肩幅

 

などが重要となってきているようです。

 

 

なので、ウエイトトレーニングや体幹もしっかりと

行っているということでした。

 

また体脂肪率はほとんどの競泳選手が8%~16%を維持

していて、ただがむしゃらに絞ればいいということでもなく

食事も大切だそうです。

 

 

21歳の頃、瀬戸大也選手は原因不明の疲れやすさを感じていたようで

日本オリンピック委員会と味の素の共同で創られた

『ビクトリープロジェクト』という、メダル有望種目の競泳では選手の毎日の体重、

体脂肪率をチェックし、適切な食事メニューをアドバイスする、

栗原秀文マネジャーに相談していたようです。

 

 

すると、体重が増えることを気にして食事の摂取量を

抑えていたのが原因ということがわかりました。

 

競泳の選手は1日5000カロリーを消費しなくてはいけないようで

栗原氏は「どれだけ練習しても、筋肉がつくれていないし、

逆になくなっていた」と疲労の原因を説明した。昼夜食は

主食のご飯に小さい麺をプラスさせる。肉中心だった主菜は

魚の回数を増やした。副菜ではタンパク質、炭水化物をエネルギーに

変える働きをするビタミンB1を含む豆類を取るように命じた。

練習中、前後のアミノ酸のサプリメントも忘れない。栗原氏の指導を

実践したことで、瀬戸は「疲れも消え、エネルギーがみなぎってきた」

と復調を実感した。

 

引用元:アスレシピ

と、ここで瀬戸大也さんも身体の調子が良くなっていったんですね~!

 

 

1日5000カロリー摂取するのも、なかなか厳しいですよね・・・

基本的には「まごにはやさしい」をバランスよく摂る利のカギにようですよ!

 

ジムに関しては、どこかというのが分からなかったのですが

小学校からずっと変わらず、梅原コーチの指導の元、日々練習されているので

専用の場所があるのかもしれません(*‘∀‘)

 

 

それでは、今回は瀬戸大也さんの筋肉や筋トレ方法について

まとめました!

今後も応援していきましょう~~!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です