割引商品券はいつどこで買える?使える場所は?バッシングの嵐!

スポンサーリンク

 

消費税増税対策で2万で2万5千円分使える【割引商品券】を低所得者向けに販売する方針が発表されましたね!

 

 

まさに来年の今頃ですね~!

 

 

 

消費税が10%に引き上げになってしまうので、100均も110円になってしまいます!(笑)

 

それに対しての対策なのでしょうが・・・消費税増税自体に反発する人がほとんどなのが現実です。

 

 

 

ということで、今回はその割引商品券いつどこで買える?ということをメインに、使える場所バッシングについてもまとめていきます★

 

 

スポンサーリンク

割引商品券はいつどこで買える?

2019年10月の消費税率10%への引き上げに伴う経済対策で検討している商品券を巡り、財務省がまとめた原案が分かった。

1人あたり2万5000円分を2万円で購入できる「割引商品券」とし、5000円分多く買い物ができる。

購入できるのは低所得者を中心とする方向だ。

 

引用元:読売新聞

 

10月31日、ハロウィンに消費税増税対策が発表されましたね!

 

 

 

主に低所得者を対象に、ポイントで還元する案も検討しているようで、コンビニなどはポイント分は本社が負担しなければならなくなり、負担が大きくなるため検討している最中なんだとか。

 

 

私は政治家でもないのですし、詳細のことをわかるわけではないので変に色々言えませんが、ぶっちゃけ消費税上がるのしんどいな~というのが本音ですよね( ;∀;)

 

ガビ~~~~ンですよ。

 

 

まぁまぁ、そのことはいいとしても、この消費税増税対策のことですが、実は私の町では1万円で15000円分使える商品券を定期的で常時ではないですが、発行していて、似たようなもんかな?と思いました☝

 

 

 

私の町でも買える時期、買える場所、使える場所が決まっています!

 

 

今回の【割引商品券】も時期やどこで買えるかというのは、地域によって役場だったり、区役所だったりそういった場所で購入できるのではないでしょうか?

 

人口が多くごった返しそうな地域では、申し込み申請などをして、郵送ということもあり得るかもしれませんね!

 

 

 

詳しくは年末までに、詰めるということで、今の時点では詳しくは決まっていません。

 

 

有効期限は2019年10月~2020年3月までとなているようで、約半年間で使い切るようにということでした!

 

 

割引商品券が使える場所は?

 

私の町で発行されたプレミアム商品券は、町内のみで使えたのですが、今回の来年に発行される割引商品券も、今のところ使えるとなっているのも、自治体内でのみ使えるとしています。

 

 

その自治体ってなんやねん?!

スポンサーリンク

 

 

というところですが、めちゃくちゃ簡単にいうと各都道府県の市町村、市役所、区役所を現す言葉なので、例えばですが【市内、区内、町内】などで使えるということではないかと思います(*´ω`)

 

 

なので、旅先で使えるというものではなく、自分が住んでいるところでの経済活性化も目的のひとつとしていそうです!

 

 

バッシングの嵐!

 

 

しかし!一見お得な商品券のように感じますが、ネット上でもあまりよくない評価となっています。

 

 

・まーた金持ち優遇か 、25枚一気に買えるやつほどお得というね 。もうね、馬鹿すぎるわ

 

・こんなに景気後退が怖くて必死になるなら消費税上げるのやめろよ

 

・低所得層に先に2万円払えとはどういうことなのだろう 。しかも使用は短期間限定 。どこかの民間のクーポン券みたいなことしか考えられないのか

 

・2万円が用意できない

 

・>購入できるのは低所得者を中心とする方向だ。

あのね!低所得者層は2万の商品券を買えるようなまとまった金も持っていないのよ!
どうせあの手この手を考え出す転売ヤーに買い尽くされて終了だよ。5,000円分の金券配ったのがマシ

 

・商品券出したら低所得者だとバレるし
そもそも低所得者が2万円の商品券なんて買えないだろ

 

引用元:5チャンネル

 

耳が痛くなるようなバッシングの嵐でした・・・。

 

 

そもそも消費税増税をやめろ!なんて声が多かったですし、低所得者が一回に2万円もだせないという声もなんか、納得です( ;∀;)

 

お得なんだけど・・・も・・って感じですね・・( ;∀;)

 

まとめ

それでは、今回は割引商品券はいつどこで買える?ということをメインに、どこで使えるのか?バッシングについてもまとめました★

 

 

消費税増税も、国民の中では結構な悩みの種となっていくのではないかと思いますが・・

 

 

こういった対策すらも問題なので、難しいところですよね~・・。

 

 

 

いつから販売開始かは、年末までに決めるということと思われまして、どこで買えるかは、使える場所と同じ各自治体だと思います!

 

 

イオンや大型ショッピング施設でも使えるといいのですが、自治体内というのがちょっとネックになりそうですが、その場の経済活性化に役立つといいですね!

 

 

 

なんとかうまいとこ、まとまっていくことを願いたいです( ;∀;)

 

 

 

 

☟お役立ちに関する記事はこちら☟

10連休の過ごし方2019!海外・国内・民泊巡りはいかが?

豊洲市場の駐車場一般利用は無料?オープン時間やアクセスも!

豊洲市場ランチ(飲食店)でおすすめは?オープンイベントも!

顔から太る人の特徴や原因は?ダイエット方法やおすすめのグッズ!

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です