ゴーン会長の家族の名前や顔写真は?自宅の豪邸画像がすごい!

スポンサーリンク

 

現在、日産のゴーン会長が有価証券報告書で過少申告をしたということが問題になり、逮捕されました。

 

 

コストカッターと呼ばれ、日産を救った救世主ともされた彼がなぜ、このようなことをしてしまったのは波紋が広がっています。

 

幼少期に過ごしたレバノンでも、驚きという声が挙がっているとか。

 

 

いかに善良な人だったかということが伺えますが、真相やいかに。

 

今回はゴーン会長家族名前顔写真自宅画像についてもまとめていきます★

 

 

スポンサーリンク

ゴーン会長:有価証券報告書の虚偽記載

東京地検特捜部は19日、日産自動車(本社・横浜市)の代表取締役会長カルロス・ゴーン容疑者(64)と同社代表取締役グレッグ・ケリー容疑者(62)を金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の疑いで逮捕し、発表した。

両容疑者は、ゴーン会長の報酬を約50億円少なく有価証券報告書に記載した疑いがある。特捜部は認否を明らかにしていない。

特捜部は同日夕、日産の本社など関係先を捜索した。押収した資料などの解析を進める。

引用元:朝日新聞

 

このニュースについては、カルロスゴーン会長を知っている方からしたら、本当に衝撃だったのではないでしょうか?

 

コストカッターと呼ばれ、大幅なリストラをしましたが、経営を立て直し偉業を成し遂げ、従業員に対しても愛情のある方で、多忙なスケジュールもしっかりと管理し、こなす人だったとか。

 

 

しかし、この一件では、自分の報酬を過少申告していたことで、税金を免れるためなのか?それとも日産の為にコスト削減したのか?そこも悪質度が変わってくるということで、注目されそうです!

 

 

ゴーン会長の家族の名前や顔写真は?

 

今後の調査報告や、真相についてが一番気になりますが、家族に関してもニュースで取り上げられていましたよね。

 

子供たちの父としての評価は90点台で、信頼され、誇りに思うお父さんだったとか。

 

早速ですが、ゴーン会長には4人のお子さんがいて1男3女です。

 

 

 

そしてさらにいうと、ゴーン会長の前妻のお子さんたちで、前妻のリタ・ゴーンさんとは2010年に離婚が成立。

その理由はDV。

 

 

まさかの過去をお持ちでしたが、その件で心を入れ直したのか、子供たちの評価が高いということはそういうことでしょうね。

 

 

その二人の間にお生まれになったお子さんがこちら☟✨

スポンサーリンク

長女:キャロライン・ゴーンさん

 

次女:ナディ・ゴーンさん(ネイディ・ゴーンさん)

 

三女:マヤ・ゴーンさん

長男:アンソニー・ゴーンさん

 

 

皆さん、芸能人級にお綺麗で、男前ですね!!!!

父の才能を継いでか、ナディさんはジュエリー会社の経営者だそうです。

 

 

この一件で、恐らくゴーン家全体が多大なダメージを受けていることと、思います。

 

あの日産を立て直すほどの人が、私利私欲という軽率な行為をするか・・疑問ですよね。

 

 

家族が喜ぶことに喜びを感じすぎてしまったのか。

 

きっとナディさんのジュエリー会社も大きな影響がありそうで、心配ですね。

 

 

ゴーン会長の自宅の豪邸画像!

 

 

最後にゴーン会長の豪邸ですが、こちらも私からしたら、いかに雲の上のような存在かということか分かりますね(笑)

 

 

東京都港区元麻布にある森ビル開発の高級タワーマンション【元麻布ヒルズ】です。

 

家賃はなんと、60万~80万がベーシックだとか!!!!

 

 

びっくり仰天ですよね・・・。

 

きっと海外に点在する他のお家もそれはもう豪華なことでしょう。

 

自宅が差し押さえになる可能性もあるということで、とにかくご家族が心配です。

 

 

どのような展開になってしまうのか。これからも注目していきたいですね。

 

 

まとめ

今回は、ゴーン会長の家族の名前や顔写真についてまとめました★

 

皆さん美男美女で、素直そうな笑顔になにかグッとくるものがありましたね・・。

 

日本にある自宅も驚きの家賃で卒倒してしまいそうになりますね。

 

 

まさに別次元の方だと改めて思いましたね。

 

 

引き続き続報を待ちましょう!

 

 

☟この事件に関する記事はこちら☟

ゴーン会長の陰謀説って?フランス政府がそそのかしたってマジ?

ゴーン会長の内部告発は誰が?新日本監査法人もグルって本当?

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です