中国の国旗にSNSの反応は?なぜマラソン中に渡そうとした?

スポンサーリンク

 

またまた、珍しいニュースが話題になっています。

 

 

中国で行われたマラソンで、マラソン中に中国の選手ハーインリー選手が、中国の国旗をボランティアの方に渡され、それを投げ捨てたということが、話題になっています。

 

 

マラソン中にコースに入ってくるということも、かなり珍しいケースなので真意はどういったところにあるのでしょうか?

 

今回は中国の国旗に対するSNSの反応は?なぜマラソン中に国旗を渡そうとしたのか?ということをまとめていきます★

 

 

スポンサーリンク

中国のマラソンで国旗を渡すためボランティア乱入?

大会に出場していた中国の何引麗(ハー・インリー)は、ゴールまで残り数百メートルというところでアフリカ人選手とトップを争っていた。

すると、突然コース脇にいたボランティアが何に近づき、中国国旗を差し出した。何はこれを受け取らなかったが、その先にいた別の人物が再び国旗を差し出した。

何は受け取ったもののペースを乱され失速。やむなく国旗を路上に投げ捨てた。何は結局2位となり、レース後には一部のファンから「国旗に対する不敬」を批判する声が上がった。

 

引用元:Yahoo!ニュース

 

 

中国の国旗騒動に対するSNSの反応は?

 

https://twitter.com/ekocraft/status/1065425607767379968

スポンサーリンク

https://twitter.com/oyL2sBRQfyr2ejr/status/1065427762490589185

 

 

最近は世界中に配信されるような、珍しい驚くようなニュースが多発していますね!

 

今回も負けるか、勝つかの瀬戸際でボランティアの方が、トップ争いをしていた中国の選手に国旗をコースに乱入し、手渡ししたということですが・・。

 

結果、ハーインリー選手は失速。優勝を逃してしまいました。

 

 

これまた日本では見ない光景に、驚きの声や否定の声が相次いでいます。

 

なぜこのタイミングで無理矢理、渡そうとしたのでしょうか?

 

 

なぜマラソン中に国旗を渡そうとしたの?

 

中国では、マラソンで3位以内に入りそうな選手には国旗を、レース終盤で渡し、マントのようにまとってゴールする習慣があるそうです。

 

むしろ規定で決まっているため、ハーインリー選手も『ボランティアの方は、指名を全うしただけなので、責めるつもりはない』とむしろ、申し訳なかったと謝罪していました( ;∀;)

 

 

中国でのネットの評判は、『国旗を投げ捨てて愛国心がない!!』と批判する声もあるそうですし、『レースを邪魔されてかわいそう』という声もあがっています。

 

しかし、中国では国旗を雑に扱うと罰金が発生する法律が決まっています。

 

 

日本では考えられないことですが、今まで習慣づいているものを中国が改正するのか・・・

 

選手の勝利を優先するのか、愛国心を優先するのか・・・

 

 

まとめ

今回は、中国の国旗騒動に対するSNSの反応をまとめました★

 

今までで初めて見た騒動で、日本でも『ゴールした後でいいじゃん』とゴール前に手渡しする意味について、疑問視される面が強かったですね。

 

ハーインリー選手も『正直受け取りたくなかった』と話しているので、かわいそうだったなと思ってしまいますね。

 

 

これからは、そういった習慣も改善されるといいですね・・。

 

 

☟騒動に関する記事はこちら☟

空ショットって?SNSの反応は動物虐待やバカすぎるの声多数!

ゴーン会長の内部告発は誰が?新日本監査法人もグルって本当?

ゴーン会長の陰謀説って?フランス政府がそそのかしたってマジ?

ゴーン会長の家族の名前や顔写真は?自宅の豪邸画像がすごい!

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です