武豊の香港の処分内容は?不注意騎乗は記者の思い込みってマジ?

スポンサーリンク

 

12月5日に香港のハッピーバレー競馬場で行われた「インターナショナル・ジョッキーズ・チャンピオンシップ」で騎手の武豊さんが【不注意騎乗により、騎乗停止処分】を受けました。

 

日本でも昔から活躍してきた武豊さんに騎乗停止とは、なにがあったのでしょうか?

 

今回は、武豊香港での処分内容は?記者の思い込みってマジ?ということをまとめていきます★

 

スポンサーリンク

武豊が不注意騎乗で騎乗停止処分

5日、香港の国際騎手招待競走「インターナショナル・ジョッキーズ・チャンピオンシップ」(ハッピーバレー競馬場)に参戦した武豊騎手(49)=栗東・フリー=が、不注意騎乗により香港ジョッキークラブから騎乗停止処分を科せられた。

期間は26~30日で、オジュウチョウサンで臨む有馬記念(23日・中山)は含まれない。JRAでの適用は、きょう6日に発表される予定。

引用元:Yahoo!ニュース デイリー

 

 

https://twitter.com/YVwl2zd0VgdJ2St/status/1070485326223687682

武豊の処分内容は?記者の思い込み?

JRA全国リーディングジョッキーを18回獲得(歴代最多)。騎手大賞を9回獲得(歴代最多)。通算GI勝利数は地方、海外含めて100勝以上を記録(歴代最多)

引用元:Wikipedia

などなど数々の功績を残してきた武豊騎手(49)。

 

12月5日の香港でのレースがきっかけで、まさかの騎乗停止処分をくらってしまいました。

 

しかし、一部メディアでは【不注意騎乗で騎乗停止処分】としか、書かれていなかったため、ネットでもこんな声があがっていたとか。

スポンサーリンク

 

 

パクリ記事だな。しっかり取材してないから中身を書けない。テキトーなんだな!肝心なトコがなんもないわ!

 

記事を書く人は読者にわかるような書き方をしろ。意味不明な記事書くな!

 

不注意騎乗ってなんですか。不注意騎乗のことを知っている読者は極少数だと思います。言葉の解説もなく自分が知っているから読者もしっているという記者さんの傲慢で身勝手な思い込みですか。

 

 

などなど、武豊さんがなにをしたかという内容が、記事には載っていなかったため、読者の不満が爆発していました。

 

武豊さんは、昔から競馬でも凄腕の騎手でしたし、ファンの方がたくさんいるため詳しく知りたいと思う方が多かったのでしょうね。

 

まずはなにしたの?というところが気になりますよね(‘Д’)

 

 

それはTwitterで明らかとなっていました。

https://twitter.com/564w777/status/1070380234724204544

 

【第一レースでボウマン騎手の進路を狭くした】

ということが、不注意騎乗の対象になったということでした。

 

 

記者の思い込みということもなく、、、武豊ファンとしては残念ですしなにより有馬記念の出場が懸念されていましたが・・・

有馬記念には出場できる!ということで、そこはホッとしましたね。

 

被害に遭ってしまった馬Mr.Rightは落鉄ということで、そちらも大丈夫なのか気になるところです・・!

 

まとめ

今回は、武豊の香港での処分内容は?ということをメインにまとめました★

 

記者の思い込みは、批判だろうとは思っていましたが、思い込みではなくきちんとした理由がありましたね。

 

今回の不注意は武豊さんにしたら、珍しい感じもしますね。

 

 

また有馬記念では、通常通りのレースが見られるといいですね!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です