西川社長が逮捕の理由!ゴーン会長と権力争いでハメたってマジ?

スポンサーリンク

 

日産CEOのゴーン会長が逮捕された一件で、新たな情報が入ってきました。

 

日産の社長である西川社長までもが、逮捕される可能性があるということです。

 

会見を開いたり、事件に関して全面協力していた西川社長ですが・・・逮捕される可能性があるということで、気になりますね。

 

今回は、西川社長逮捕の理由は?ゴーン会長をハメたのか?ということについて、まとめていきます★

 

スポンサーリンク

西川社長が逮捕される理由は?

その後の報道で明らかになりつつある、再逮捕事実が「直近3年分の虚偽記載」であること、西川社長が退任後の報酬の合意文書に署名していたことなどから、検察捜査への疑問は、一層深刻となっている。

引用元:Yahoo!ニュース

 

 

 

西川社長がゴーン会長をハメた?

このニュースがでてから、あっという間に西川社長の逮捕についても、ネット上で物議を醸しだしています。

 

 

元々、ゴーン会長は西川社長の業績不振などを理由に、社長交代を考えていたとか。

ゴーン会長がCEOになる前から、西川社長以下の執行役員53人全員の人事権と報酬決定権を握っていたそう。

 

有価証券報告書の虚偽記載罪というのは、「虚偽の記載をすること」が犯罪なのではなく、重要な事項について虚偽の記載がある有価証券報告書を「提出」することが犯罪とされる。

それを正確に記載して「提出」する義務を負う作成名義人は、日産の場合であればCEOであり、2017年3月期以降は、西川氏である。

上記のように、西川氏の「退任後の報酬の支払」についての認識がゴーン氏らと大きくは変わらないとすると、直近2年分については第一次的に刑事責任追及の対象となるのは西川氏である(ゴーン氏のように報酬によって利益を受ける立場ではないが、CEOとして報告書に真実を記載すべき義務に反した刑事責任は重大だ。)。

引用元:Yahoo!ニュース

 

ニュースによると、そこで西川社長は、クビにされてたまるか!ということで、検察側と手を組み、ゴーン会長を追い込んだのかもしれないということですね。

 

しかし、それがあだとなり、ハメるためなのか、重大なミスなのか、わかりませんが『虚偽記載』に加担したと見られ、逮捕は免れないだろうということです。

 

 

権力を握ってしまうと人は変わってしまうといいますが、会社のためがいつの間にか自分の身を守るために変わってしまう気持ちは分からなくはないですが・・・

 

西川社長の『虚偽記載』に加担したということは、無意識でなのか、陥れるためなのか。

いずれにせよ、今後注目したい内容です。

 

日産はどうなってしまうのでしょうか。

 

まとめ

今回は、西川社長も逮捕?ゴーン会長をハメた?ということについて、まとめました★

 

 

調査で色々な事実がでてきてしまいますが、これが本当に権力争いによって起きた事件だとしたら、悲しいというか虚しい感じがしますね。

 

今回の件はゴーン会長のみならず、多くの方が容認していた可能性があるということで、今後が気になりますね。

 

早く元通りの日産に戻ってほしいですが、それも厳しそうですね。

 

☟日産に関する記事はこちら☟

ゴーン会長の家族の名前や顔写真は?自宅の豪邸画像がすごい!

ゴーン会長の内部告発は誰が?新日本監査法人もグルって本当?

ゴーン会長の陰謀説って?フランス政府がそそのかしたってマジ?

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です