ヒカルがセクハラした相手は誰?ハニートラップと疑われる理由!

スポンサーリンク

 

YouTuberのヒカルさんがファンの女性に対して、セクハラをしていたということが、文春により報道されましたね!

 

内容は過激なもので、本当だったらヤバイと思うようなものでした。

 

今回は、YouTuberヒカルさんがセクハラした相手は誰?ハニートラップと疑われる理由もまとめていきます★

 

スポンサーリンク

YouTuberヒカルって?

名前・・・ヒカル

生年月日・・・1991年5月29日(2019年1月時点で27歳)

YouTube開設・・・2013年

YouTube開設理由・・・人気が欲しかった

 

YouTuberのヒカルさんは、お金持ちでお金を派手に使った内容の投稿が人気だったり、現在はチャンネルを3つも持っていて、お金を使わない内容のチャンネルもあります。

 

特に縁日のくじ引き動画では、3000万回再生されるという凄さを見せてくれました。

 

 

さらには、個人で自由に発信する枠を超えて、自身の事務所を設立したり、どんどん活躍の場を広げていく今まさに大人気のYouTuberとも言えるでしょうね(*’ω’*)

 

ヒカルがセクハラした相手は誰?

そんな人気のYouTuberヒカルさんに文春砲がぶっぱなされました。

 

 

「下着姿や全裸の画像を送れと言われて、つい送ってしまったんです。送らなければよかった……。一度でも要求を断ってしまうと嫌われて縁を切られるのではないか、という思い込みから、嫌な気持ちを殺して、応えるようにしていました」

 

ネットの“カリスマ”からの特別扱いに舞い上がったA子さんはすぐに返信。しかし、やりとりをしていくうちに、ヒカルからのメッセージが〈お前は俺の奴隷。わかった?〉〈調教おねだりしてみろ〉〈俺のためにえっちな写メ送れ、見てあげるから〉といった卑猥な内容ばかりになったという。

 

ヒカルの要求はさらにエスカレート。結局、A子さんは下着姿や全裸の写真を送ってしまった。今でもヒカルの手元に写真が残っていることに恐怖を感じているという。

 

引用元:文春オンライン

 

これが本当だったら、イメージダウンもいいところですね。

 

これで、脅すようなことがあったら、少し前にあった韓国のリベンジポルノの同じことになりますし、今回のも遊びで言っているような口ぶりから考えると、かっこつけたかったのもあるかもしれませんが、ドン引きレベルです。。。

 

 

そこで、話はそれましたが今回リークした女性ですが、少し調べてみましたが案の定情報はありませんでした。

 

わかるのは、『関東住みの24歳の女性』ということしか分かりませんでした。

スポンサーリンク

 

なにがどうなっても、被害者なわけですし一般人のようなので今後も、公開されることはないのではないかと思います。

 

ハニートラップの可能性は?

最後にハニートラップ説ですが、ネット上ではなぜか、リークした女性を疑う方や女性が悪いという意見が多いです。

 

https://twitter.com/por_zw/status/1084094741933772801

 

ハニートラップとは言わないまでも、卑猥な画像を送った時点で自分が悪いなどの見方が多かったです。

 

 

しかしながら、これが本当だったらば、人気YouTuberから特別扱いされると思ったら舞い上がってしまうものではないですかね(; ・`д・´)

 

奴隷などと言われたら、「ぅえ、中身はこんな人なの・・・?」と興ざめしそうな場面ですが、これが好きなYouTuberや芸能人から返信が来たら嬉しくなってしまいます。

 

 

なので、そこの気持ちを、ヒカルさんはどう組んでいるのか?

 

SM劇場を繰り広げていたなら、『どっちもどっちです・・・。』と言いたくなりますが、女性は本気で好きになっていて、本気でそんな文章をA子さんに送っていたら、ヒカルさんは相当叩かれそうです。

 

 

しかしながら現時点では、ヒカルさんが大好きで『そんなことしない!』と思っているファンの気持ちも分かりますし、被害女性の相手の方に写真が残ってるかもしれないと考えると、ゾッとする気持ちも分かります。

 

早く真実を知りたいし、ヒカルさんも画像を持っているのなら削除してあげてほしいですね・・・。

 

まとめ

今回はYouTuberヒカルさんがセクハラした相手は誰?ということをメインに、ハニートラップと疑われる理由についてまとめました★

 

今回は被害者女性ですので、詳しいプロフィールも見つかりませんでした。

 

現時点では、女性も悪いとゆうような声も挙がっていますが、ファンの気持ちを大切にする人で会ってほしいというのが願いですね。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です