市原悦子の若い頃の画像!プロフィールや訃報にネットの声も!

スポンサーリンク

 

なんと、つい先ほど市原悦子さんが心不全のためにお亡くなりになったという情報が入ってきました・・・!

 

筆者は幼い時から、市原悦子さんが大好きで大好きで大好きで・・・・

 

いつかは、こういう日もくるかもしれないよなと、思うことはありましたが・・・今ですか・・・。

 

今回は、市原悦子さんの若い頃画像!プロフィールや訃報にネットの声もまとめていきます★

 

スポンサーリンク

市原悦子さんが心不全によりお亡くなりに

名前・・・市原 悦子(いちはら えつこ) 本名:塩見 悦子(しおみ えつこ)

生年月日・・・1936年1月24日(2019年1月時点で82歳)

出身地・・・千葉県

身長・・・160cm

体重・・・53kg

血液型・・・A型

 

 

2時間ドラマ『家政婦は見た!』などに主演した女優の市原悦子(本名・塩見悦子)さんが、心不全のため12日午後1時31分、死去した。

82歳。所属事務所ワンダー・プロダクションが公式サイトで発表した。市原さんは、19日から上演の舞台『悪魔と天使』に声で出演予定だった。

引用元:オリコンニュース

 

スポンサーリンク

https://twitter.com/kotaeastwood/status/1084391035281625088

 

 

本当に落胆する方が続出しています。

私の祖母に似ているという理由から好きになった市原悦子さん。

 

『家政婦が見た』や『いじわるばあさん』、『おばさんデカ』も見ていました。

ショックすぎる・・・。

 

市原悦子さんの若い頃の画像!

市原悦子さんは、私にとってはもうおばあちゃんというイメージが最初で、なんてかわいいおばあちゃんなんだろうと、思っていました。

 

 

実際に、おばあちゃんだったら結構厳しそうな感じもしていましたが、本当に大好きです。

この年代の女優さん、俳優さんの中で一番好きでした。

 

 

しかし、若い頃のことはあまり知らなかったですが、調べてみると若い頃からも、お綺麗でなんというか癒し系ですね。

 

昔は最近の雰囲気の上品さがあるというよりも、元気いっぱいの明るい女性という感じがします。

 

そしてこんな昔から、家政婦は見た!が放送されていたとは。

本当にレジェンドですね。

 

市原悦子さんは、千葉市立末広中学校を卒業後、千葉県立千葉高等学校に進学し、演劇部で活動し始めていて、高校から女優になることを志していたんでしょうね。

 

1957年に俳優座に入り、同年に新劇新人推賞を受賞し、1959年に『千鳥』で芸術祭奨励賞を受けています。

 

さらに1963年には新劇演劇賞、1964年にゴールデン・アロー賞新人賞に輝き、新劇女優として高い評価を受けるなど女優として活動し始めた当初から、凄い女優さんだったのですね。

 

 

 

2012年頃から病気がちになり、S状結腸腫瘍手術や脊髄炎になったりしていました。

今回本当に突然の訃報に驚きでしたが、心よりご冥福をお祈りいたします。

 

天国でもあの笑い方で、笑っていてほしいです。

 

まとめ

今回は、市原悦子さんの若い頃の画像をメインにまとめました★

 

大好きな女優さんだけに、筆者もかなりショックを受けていますが、若い頃からどこか芯の強さを感じる美しい方でしたね。

 

今後も再放送がでたら、しっかり見て思い出にふけようと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です