ドナルドキーンは結婚してた?家族構成は?意外と寂しがりやだった!

スポンサーリンク

 

コロンビア大名誉教授のドナルド・キーンさんの訃報です。

 

 

源氏物語をきっかけに、日本に魅了されたドナルド・キーンさんは「大好きな日本に移住し、永住する」とまで表明してくださっていた方です。

96歳ということで、ご高齢ではありましたが、ご冥福をお祈りしたいと思います。

 

 

今回はドナルド・キーンさんは結婚してた?ということをメインに、家族の現在や構成についてもまとめていきます★

 

スポンサーリンク

ドナルド・キーンさんの訃報

日本文学の国際化に貢献した文化勲章受章者で米コロンビア大名誉教授のドナルド・キーンさんが24日、心不全のため東京都内の病院で死去したことが分かった。96歳。通夜・葬儀の日程は未定。お別れの会を後日開く。喪主は養子のキーン誠己(せいき)さん。

引用元:毎日新聞

 

 

 

 

 

 

https://twitter.com/sachie/status/1099456839580672000

 

 

ドナルド・キーンは結婚してた?

ドナルド・キーンさんは元はアメリカ・ニューヨークで生まれ育ち、恐らくお父さんが貿易商のお仕事をしていたのでしょう。

 

お父さんと、9歳の時にヨーロッパに旅行してことをきっかけに、フランス語など外国語に強い関心を抱くこととなったそうです。

 

 

凄く共感!!私も10歳くらいの時に、初めて字幕でみた映画が、ハリーポッターでそれから外国が好きになりました~!!

まだ海外旅行を経験していないので、本当に夢ですね!!

スポンサーリンク

 

 

ドナルド・キーンさんのお気持ちがよくわかる。

 

 

しかし、両親は離婚してしまい母子家庭に育ちましたが、奨学金制度や飛び級を繰り返し、16歳でコロンビア大学に入学しました。

その後中国人のお友達ができて、漢字を知り、同時に惹かれるようになりました。

 

 

日本に来るまでにもいろんなエピソードがあり、時間もかかりましたが東日本大震災のあとに、日本移住&永住を表明し、コロンビア大学の教授としての職を退職して、晴れて日本にくることができました。

 

語学を愛するあまりか、アメリカでも女性との素敵な出会いはなかったのか、日本に来てからも結婚することはありませんでした。

 

 

なのでドナルドキーンさんは、独身なのですが養子がいます。

 

ドナルド・キーンの家族の現在や構成は?

 

浄瑠璃三味線の奏者である上原誠己(現:キーン誠己)さんとの出会いがあり、養子に迎えることとなって2人で暮らしていたそうです。

 

キーン誠己さんは、その前から秘書の仕事をしたり身の回りのお世話をしていたので、2人で暮らすことや親子関係になってからも違和感はなかったと話していますね。

 

実の親子のように、おでかけをしたり、キーン誠己さんが食事に支度をしたりと都内で静かに、暮らしていたみたいです。

 

 

キーン誠己さんの話によると、ドナルド・キーンさんは長い間独身でいたので、意外と寂しがりやだったとか(*’ω’*)

日本でいうと瀬戸内寂聴さんみたいな感じなんですかね!

 

 

まだ子供だったころに、両親が離婚してしまったのも寂しがりやさんの原因のひとつかもしれないですね!

 

 

そしてキーン誠己さんもまた、2018年時点ではドナルド・キーンさんと一緒に暮らしていたということで、現在も独身である可能性は高いですね。

三味線も海外での演奏もあったようなので、そちらも忙しいのかもしれませんが、やはり今は逆に寂しいでしょうね・・・。

 

まとめ

今回は、ドナルド・キーンさんは結婚してた?ということをメインに家族構成などもまとめました★

 

 

ドナルド・キーンさんが96歳ということは、ご両親はすでに他界されている可能性が高く、兄弟の情報もなく妻や子供もおらず、養子であるキーン誠己さんと2人暮らしだったということです。

 

キーン誠己さんとの生活は、楽しかったでしょうね(*‘∀‘)

 

心より、ご冥福をお祈りいたします。

 

☟ドナルド・キーンさんに関する記事はこちら☟

ドナルドキーンの若い頃の画像は?日本大好きが伝わる超イケメン!

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です