ドナルドキーンの若い頃の画像は?日本大好きが伝わる超イケメン!

スポンサーリンク

 

源氏物語をきっかけに日本に永住することを決めたドナルド・キーンさんの訃報です。

 

東日本大震災のあとに、日本に移住したドナルドキーンさん。

当時の発言に話題になったこともありましたが、調べていくうちに凄い方なんだけど、愛すべきお方だな~ということも分かってきました。

 

 

今回はドナルド・キーンさんの若い頃の画像をメインにまとめていきます★

 

スポンサーリンク

ドナルド・キーンさんの訃報

日本と日本文学をこよなく愛し、晩年は日本に帰化したドナルド・キーンさんが24日、96歳で亡くなった。自在に日本語を操り、多くの日本人文学者と親交を深めた。英語と日本語の双方で執筆し、海外に広く日本文学を紹介するとともに、日本人に古典文学の魅力を再認識させた功績も大きい。

引用元:産経新聞

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

ドナルド・キーンさんの若い頃の画像!

ドナルド・キーンさんが日本に来たのは東日本大震災の直後ということでしたが、日本自体に興味を持ち始めたのは『源氏物語』を読んでから。

 

源氏物語を手に取ったのはウィキペディアでは1940年(昭和15年)となっていて、18歳の頃ですね!!

 

源氏物語にもどっぷりとハマり、角田柳作さんのもとで日本思想史も学び始めています。

 

 

少し画像がわかりにくいですが、96歳でも素敵なダンディさを兼ね備えた顔立ちですが、若い頃から超イケメンだったんです。

 

 

これはモテモテだったんではないかと、思ってしまいますが文学に勝るものナシだったんでしょうね~・・・(; ・`д・´)

 

お皿を拭いている写真もあったりで、少しおちゃめなところもあって、素晴らしい方なのですがどこか親近感のある感じが、またいいですよね・・。

 

養子であるキーン誠己さんによるとーー

「父は苦しむこともなく、穏やかに永遠の眠りにつきました。自ら選んだ母国で日本人として、日本人の家族を持ち、日本に感謝の気持ちをささげつつ、幸せに最後の時を迎えました。日本文学に生涯をささげ、日本人として日本の土となることが父の長年の夢でしたから、この上なく幸せな一生だったと確信しています」との談話を発表した。

引用元:毎日新聞

 

 

と日本人として生き抜いたことが幸せだったということで、キーン誠己さんが養子となってくれたことも、その出会いも本当に良かったなと思いますよね。

 

この笑顔がまた最高ですから、天国からも見守ってくださりそうですね。

 

まとめ

今回はドナルドキーンさんの若い頃の画像をまとめました★

 

写真からも日本大好きな様子が伺えましたし、めちゃくちゃイケメンさんでしたね(*‘∀‘)

 

お年をお召しになってからも、面影はありましたけどね♫

 

心よりご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です