ZOZOの倒産の可能性は?2019年に入って破産予想する人が急増!

スポンサーリンク

年末に総額1億円のお年玉企画をして、注目を集めフォロワー数も50万人から180万人に増えたZOZOTOWN社長の前澤友作さん。

 

しかし、ZOZOTOWNからはアパレルブランドがどんどん撤退していくということ。

 

 

そこで2019年になってからというもの、破産や倒産を予想する人や心配する人の声が急増しています。

 

今回はZOZOの倒産可能性は?ということをメインに、ネット上の声もまとめていきます★

 

スポンサーリンク

ZOZOTOWNからブランドが相次ぎ撤退

スタジオでは、巨大パネルを用いて「オンワード」「ユナイテッドアローズ」など有名ブランドが続々と撤退していることや、ZOZOの株価に、前澤友作社長の自由奔放な言動がどれだけ悪影響を及ぼしているのかを解説して、「ZOZO離れ」の原因は、「取引先の信頼を裏切ったから」というような話で盛り上がっていた。

引用元:IT Media ビジネス

 

 

https://twitter.com/kazu_tabi88/status/1096006642913562625

 

 

 

https://twitter.com/kazu_tabi88/status/1095591899518316544

 

 

 

 

ZOZOの倒産の可能性は?

以前からネットのニュース欄で、ZOZOTOWNからブランドが次々と撤退しているというニュースを見みかけるようになりました。

 

前澤社長といえば、恋愛の方が気になりますが、今日のニュースにはコメントが相次いでいる模様。

 

 

 

「どうせ少し時間がたてばセールになるので、洋服を定価で買うのは馬鹿らしいと思う」

 

「自分が定価で買った洋服が、あとあとセールで安く売られているのを見たときの気持ちは?」

 

「いまお店で約1万円くらいで売られている洋服の原価がだいたい2000~3000円くらいだということを、皆さんはご存知ですか?」

引用元:IT Media ビジネスオンライン

 

 

 

現在はTwitterを休止し、本業の方に打ち込むと宣言していますが、休止前にこのような発言をしたのが、ブランド離れの原因では?という記事がありました。

 

 

さらに、この主な原因は新サービスの『ZOZOARIGTO』の年会費3千円または月会費500円を払うとZOZOTOWNでの買い物が常に10%引きになるものだそう。

 

 

現時点で、オンワード、ユナイテッドアローズ、mikihouse、4℃などが撤退または品薄、欠品の状態になっています。

 

 

このサービスが始まる時も、十分な説明がなかったことを某ブランドが明かし、いざサービスが始まってZOZOの値引き価格が表示された自社商品を見た時に衝撃を受けたほどだったそうです。

スポンサーリンク

 

「同業他社の担当さんも頭を抱えており、“新商品や限定商品はZOZOに出さない”など、対策を考えて動き出してるみたいです。ウチにはメール一通のみだったけど、外資のラグジュアリー系のブランドさんには、直接足を運んで説明しているみたいです」

引用元:livedoorニュース

 

どんなに条件のいい営業がきたとしても、値引きやセールを行ってこなかった某ブランドさんは、ブランドイメージが崩れては困ると問い合わせしたところ、すでにZOZOにも問い合わせが殺到しており、連絡が取れなかったが、このようでは撤退すざるを得ないということだったんですね。

 

 

 

さらには100億円の一軒家の建設も中止というニュースや、剛力彩芽さんが最終面接官というニュースも、次から次へと不信感を煽るニュースが・・・

 

これを一般の人が見たら、『落ちていくな~・・・』と思ってしまってもおかしくはないですが、年内倒産はないのでは?ということも伺えます。

 

 

実は専門家によると、ZOZOTOWNのスタートトゥデイはユニクロにも勝る営業利益率があったことや、増減率も優秀ということ。

 

今回のARIGTOキャンペーンの内容を覆すか、そのキャンペーンに合ったお店との交渉が必要になってくるのでしょう。

 

だからこそ、この危機を脱却するためにも本業の方に集中している最中なのでないはないでしょうか?

 

 

ちなみに、このニュースに関するコメントは以下の通りでした。

でも経営者としてプラス、マイナスで考えたらやっぱりマイナスの方が多いと思う。
大企業だけど中身は個人商店の場合、経営者のマイナスが大きすぎると会社としては大いに問題がある。
それに筆者は大きな勘違いをしている。

ZOZOの購買層は大衆であり、筆者が書いたああだこうだは関係ないというか、
そこまで深読みはする気もないし、できない層である。

それを考えたら、そういう感情に流されやすい大衆層から反発を受けること、
つまり金持ちであることを見せびらかすこと、はタブーであり、
それを繰り返し堂々とやるから、必要以上に反発を買う。

自分が「自分と言う商品を売る」アイドルかなんかと勘違いしている。
あくまでも前澤社長は社長に過ぎず、自分が商品ではないのである。

やっぱり前澤社長が悪いと思う。

 

 

 

原価の見える化がスタンダードになっていくからといって、他社の品物の原価を勝手に公表するようなことはしちゃダメ。

ARIGATOにしたって、値引きの根拠のあるなしで取引先が恐れているのではなく、取引先にしっかりとした説明がない見切り発車をしたから信頼を失って離れていってるんでしょう。

 

だいたい値引きの幅や時期なんてメーカーが決めるのであってZOZOが決めるのではない。

社長バッシングは確かにひどいけど、ツイッターでの発言やメディアへの露出、過激なお金の使い方など、本人発信による不快感がそれを助長しているんだから、結局は身から出た錆。

 

ZOZOがこのまま沈んでいけば「それみたことか」だし、復活すれば「社長やっぱりすごい!!」だし、要は結果。
結果さえ出れば世間は手のひらクルッと返すから、ぜひ露出は控えて本業に専念していただきたい。

 

 

 

安売りが悪い!とは全く思わないけど
勝手に人の商品売価を変えてしまうのはダメでしょう。

 

安売りを武器にしてるブランドもあれば、デザインや歴史を武器にしてるところもある。

前澤の悪いところは「モノづくりしてる人たちに敬意がない」ってとこだよね。

だから弾けもしない高額バイオリンを買っちゃう。
でも作った人からしたら、ちゃんと弾ける人に弾いてもらって。聞いた人が感動してほしいんだよ。

 

 

 

などなど・・・

賛否両論ではありましたが、やはり今は倒産するしないではなく、今後どうやって立て直していくかに注目しています。

 

どうにか立て直して頑張っていってほしいですね。

 

まとめ

今回はZOZOの倒産の可能性は?ということでネットの声も併せて、まとめました★

 

 

良いイメージを持つ人もいれば、悪いイメージを持つ人もいます。

しかし、順調に努力を重ね成長してきたZOZOTOWN(スタートトゥデイ)はこれしきのことでは倒産しないだろうということでした。

 

 

もちろんこれからの対策次第では、落ちていくという可能性もありますが、いますぐ倒産はあり得なさそうです。

私も日々そうですが、トライアンドエラーで成長していけることを願っています。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です