江東区の強盗殺人事件の住所は?詳しい場所やマンションの名前も!

スポンサーリンク

 

江東区で起きた強盗殺人事件が、日を追うごとに色々な情報が分かってきていますね。

 

80代の女性が手足を縛られた状態で死亡していたということで、なんとも悲惨な事件だったことか。

同様の事件が渋谷でも起きていたということですが・・・

 

 

今回は江東区強盗殺人事件が起きた住所場所をまとめていきます★

 

スポンサーリンク

江東区のマンションで緊縛強盗殺人事件!

東京都江東区のマンションで住民の加藤邦子さん(80)が殺害された事件で、室内には少なくとも計約150万円の現金が入った封筒や財布が残されていたことが、捜査関係者への取材でわかった。室内は広範囲に荒らされており、警視庁は強盗殺人事件として捜査。奪われたものがないかさらに調べている。

引用元:朝日新聞

 

 

 

 

 

 

 

 

江東区の強盗殺人があった場所は?

いまだに犯人も捕まっておらず、次々と当時の状況が明らかになっていますが、本当に悲惨な事件で、腹立たしいですね。

 

この事件があったのは2月28日、室内で加藤邦子さんが両手と両足を粘着テープのようなもので、縛られた状態で亡くなっているのをヘルパーさんが見つけ通報しました。

 

 

今の段階では

男らは近くに止まっていた灰色っぽい軽乗用車に乗り込み、一方通行を逆走して走り去ったのが目撃された。警視庁は通行記録などから、この車が神奈川方面に逃走したことを確認した。車は所沢ナンバーだったという。

引用元:朝日新聞

 

ということで、犯人は神奈川方面に逃走したということがわかっています。

 

 

そこで、今回江東区での事件の詳しい場所ですが


東京都江東区東陽5丁目という住所で、オレンジかかったマンションの名前まではわかりませんでしたが、東陽町駅から北西に約300mの場所の位置するマンションだそうです。

 

 

犯人の顔画像や防犯カメラなどに映った画像は今のところ、でてきていないようですが、灰色の車で逃走しており、ただの振り込め詐欺ではなく、『アポ電』からの強盗殺人という卑劣すぎる犯行手口ということで一刻も早い逮捕を願っています。

 

 

もしかしたら現場付近へ戻ってくるということもあるので、近隣住民の方にも気をつけてほしいです。

 

まとめ

今回は江東区の強盗殺人の住所は?ということをメインにまとめました★

 

 

東京都江東区東陽5丁目のマンションなので、お近くに住む方は『ここだ・・・』というのがすぐ、わかるかと思います。

同じマンションにお住みの方はなお、こわいですよね。

 

本当に早く犯人が捕まることを願っています。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です