山田スミ子の若い頃の画像は?これまでの活躍を振り返るまとめ!

スポンサーリンク

 

吉本新喜劇の女優としても活躍していた山田スミ子さんの訃報がありましたね。

 

 

山田スミ子さんは子どものころから、煌びやかな世界にいましたが、73歳という若さでこの世を旅立ってしまいました。

 

今回は山田スミ子さんの若い頃画像や、これまでに至るまでの活躍をまとめていきます★

 

 

スポンサーリンク

山田スミ子さんが直腸がんで死去

吉本新喜劇の看板女優だった山田スミ子(本名・山田寿美子)さんが、2月12日に直腸がんのため死去していたことが5日、わかった。73歳だった。葬儀は近親者のみで行った。

引用元:東スポWEB

 

 

 

 

 

 

 

 

山田スミ子の若い頃の画像は?

 

名前・・・山田 スミ子(山田 寿美子)

生年月日・・・1951年5月25日(2019年3月時点で73歳)

出身地・・・兵庫県

身長・・・155cm

血液型・・・O型

 

 

山田スミ子さんは、幼い頃から宝塚映画製作所などで、活躍していました。

 

 

1968年4月に、吉本新喜劇に入団し主に、花紀京や岡八郎のマドンナ役を務め、1982年頃までレギュラー出演するなど、ファンの方にとっても思い出深いところもあるのではないでしょうか?

この時、初の女座長にもなっていました。

 

 

上の画像が、山田スミ子さんの若い頃の画像なのですが、本当に綺麗です!!

明るくておてんばさんのような雰囲気もあります(*’ω’*)

 

 

 

こんな花王の石鹸のCMにまででていたんですよ~!

 

 

 

こちらは吉本新喜劇の「やめよっカナ おばちゃんは同居人」というタイトルのものも残っていました。

スポンサーリンク

 

 

かなり若い時の写真は、時代も時代なせいか、そこまで多くの画像を探すことができませんでしたが、セーラー服が似合いそうな感じでしたね!!

 

山田スミ子のこれまでの活躍まとめ!

 

最後に、山田スミ子さんの出演作品を振り返ってみましょう♫

 

ベテラン女優さんなので、かなりの数のTV番組に出演されていたので、TVドラマ限定で載せさせていただきます。

 

 

NHK

よーいドン(1982年)
心はいつもラムネ色(1984年)
和っこの金メダル(1989年)
人生はフルコース(2006年)
芋たこなんきん(2007年)
介護エトワール(2007年)
カーネーション(2012年)

 

 

日本テレビ

愛情物語(1992年)
二十四の瞳(2005年)
喰いタン2(2007年)
正義の味方(2008年)
トッカン 特別国税徴収官(2012年)
火曜ドラマゴールド
「美貌のメス 脳神経外科医・津山慶子」(2007年)

 

 

TBS

大岡越前 第11部 第12話「拾った財布が落とし穴」(1990年7月20日)
ヨイショの男(2002年)
エ・アロール それがどうしたの(2003年)
あなたの人生お運びします!(2003年)
よい子の味方(2004年)
新・天までとどけ(2004年)
ほーむめーかー(2004年)
聞かせてよ愛の言葉を(2005年)
赤い運命(2005年)
嫌われ松子の一生(2006年)
みこん六姉妹(2006年)
こどもの事情(2007年)
家に五女あり(2007年)
京都へおこしやす!(2008年)
ナツコイ(2008年)
三つの月(2015年)
月曜ミステリー劇場
「早乙女千春の添乗報告書」(1998年)
「上条麗子の事件推理」(2004年)
月曜ゴールデン
「女取調官」(2011年 – )

 

 

フジテレビ

大奥(1983年)月曜ドラマランド「のんき君」(1984年)
阪急ドラマシリーズ / ママ聞いてよ(1984年)
京都サスペンス「京都の祭りに人が死ぬ・鞍馬の火祭」(1988年10月、KTV系・東映)
阪急ドラマシリーズ / 料理少年Kタロー(1991年)
はるちゃん(2002年)
大奥(2003年)
あゝ離婚式(2004年)
悪魔が来りて笛を吹く(2007年)
金曜エンタテイメント
「赤い霊柩車シリーズ14」(2001年)
「十津川警部夫人の旅情殺人推理」(2003年)
金曜プレステージ
「ひみつな奥さん」(2007年)
「奥様は警視総監」(2009年)
「ヤバい検事 矢場健〜ヤバケンの暴走捜査〜」(2013年)
テレビ朝日
家政婦は見た!(1990 - 2008年)
子連れ狼 (北大路欣也版)(2002年)
7人の女弁護士(2006年)
おみやさん第6シリーズ(2008年)
科捜研の女 第14シリーズ(2014年)
土曜ワイド劇場
「森村誠一の終着駅シリーズ」(2003年)
「タクシードライバーの推理日誌20」(2005年)
「温泉若おかみの殺人推理」(2008年)
「温泉 (秘) 大作戦」(2008年)
「タクシードライバーの推理日誌26」(2010年)
「終着駅シリーズ」(2014年)

 

 

テレビ東京

水曜ミステリー9
「指紋捜査官・塚原宇平」(2005年)
「北アルプス山岳救助隊・紫門一鬼」(2006年)
「捜査検事・近松茂道」(2007年)
「さすらい署長 風間昭平」(2007年)
かりゆし先生ちばる!(2009年)
ここが噂のエル・パラシオ(2011年)
刑事吉永誠一 涙の事件簿(2013年)

 

 

思い入れの深いドラマはありましたでしょうか?

私も祖父がドラマを見るので、ついつい一緒にみてしまうものもありましたね(笑)

 

 

そして、山田スミ子さんは元々吉本に所属していましたが、いつの日か、山田スミ子さんっは吉本を退社し、オールウェイズという事務所に入っていました。

 

 

TVドラマの出演も2015年でストップしており、お母様の介護でも忙しくしていたのかもしれませんね。

 

2017年にお母様をなくされて、ご自身も直腸がんであることが判明し、2019年に入って体調が急激に悪化し、余命2~3か月ということも告げられていたそうです。

 

 

それに対しても、山田スミ子さんは明るく

「最初は落ち込んだけれどもはっきり言われてすっきりした。私の人生に悔いはない」

引用元:CERON

 

と言って言っていたそうです。

 

 

最後まで、山田スミ子さんらしい感じでしたね。

私も小学生の時に祖母を亡くし、泣きまくったことがありますが。。。

 

 

素晴らしい人生だった様子が伺えますね。

ご冥福をお祈りいたします。

 

 

\トレンドニュースはgooがおすすめ♪/

 

まとめ

今回は山田スミ子さんの若い頃の画像をメインに、これまでの活躍もまとめました★

 

 

若い頃もお綺麗で、ステキな志を持っている方でしたね!

余命宣告にも、悔いがないと言える人生ってかっこいいです。

 

 

お母様のあとを追うように、という感じがしますが、山田スミ子さんが残されたものは、生き続けるんだろうと思います!

 

心よりご冥福をお祈りいたします。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク



2 件のコメント

  • セミロングの写真同じ吉本新喜劇女優ですが、山田スミ子さんと違います。在籍年数や活時間は短かったです。
    同級なので、すぐわかりました。大阪市鶴見区緑中学出身です。現在の年齢は61か62歳位にではなきかな。

    • コメントいただき、ありがとうございます!

      誤った情報を掲載してしまい、大変
      申し訳ございませんでした。

      そして、ご指摘に感謝申し上げます。

      修正させていただきたいと思います。

      これからも、エンタメ情報局K&K MEDIAを
      宜しくお願い致します!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です