中3女子の大麻所持の理由は?家族関係や事件詳細は?入手ルートも!

スポンサーリンク

 

2019年3月25日(月)に京都府で中3女子が大麻を所持していたということで、逮捕されてしまいました。

 

今や、芸能人でさえも手を出してしまう麻薬ですが、中3とはびっくりです。

 

 

今回は中3女子大麻所持理由や、家族関係や事件詳細などをまとめていきます★

 

スポンサーリンク

京都府で中3女子が大麻所持で逮捕

 

京都市の中学3年生の女子生徒が、大麻などを所持した疑いで、逮捕されていたことがわかった。

大麻取締法違反などの疑いで逮捕されたのは、京都市伏見区に住む、中学3年生の女子生徒。

女子生徒は3月1日、自宅で突然暴れ出したことから、家族が消防に通報して、病院に運ばれた。

その後の尿検査で、大麻などの陽性反応が出たことから、母親が部屋を調べたところ、大麻草およそ7gと合成麻薬MDMAが見つかったという。

引用元:ホウドウキョク

 

 

 

 

 

 

 

 

中3女子が大麻所持した理由は?家族関係は?

非常に衝撃的なニュースとなってしまいました。

一般の方よりも、芸能人の方が手を出してしまうイメージが強かったですが、ついに中学生までもが麻薬を使ってしまう時代(?)となってしまったんですね…。

 

 

私もよく、中学生の時は特に恋愛も、友情も人付き合い全般が一気に難しくなったり、元気がなくなる要因が増えた年頃だったな~と思いますし、昨日のことのようにツライ気持ちも思いだせるほどです。

 

 

なので気持ちがわかってしまう部分がありますが、最近は中学生でもSNSでの問題があったり、近所の人からは中学生でもSNSの問題で被害届を出す出さないの話にまで行ったというのを聞きました・・・(-“-)

いろいろなことが時代の変化も関係して、難しくなっている世の中だと思いました。

 

 

今回の京都府で起きた、この事件では中3の女子生徒がMDMAという麻薬や大麻を所持していたことが分かりましたが、理由はどういったところにあったのでしょうか。

 

 

 

生徒は「大麻はインターネットで知り合った人物から買い、1月下旬に吸い始めた。家族のことなどで悩んで眠れず、眠るために使用した。MDMAはネットで死ねる薬物を検索して買った」と供述しているという。

引用元:毎日新聞

 

 

ということで、最も大きな要因となったのは、『家族』ということでした。

丁度、思春期だったり親との関係がうまくいかなかったりする時期ですよね・・・。

 

 

 

MDMAを娘さんの部屋から見つけたのは、母親だったということで、お母様のお気持ちを考えただけでも胸が痛くなります。

最初はMDMAではなく、大麻をネットで知り合った人物から買って、眠るために使っていたそうですが、そのうちにMDMAは恐らく自殺したい気持ちから購入したということですよね。

 

 

家族関係は、お母さんの証言なども公開されていないため、どのような家庭環境だったかまでは、調べることはできませんでした。

 

 

10代の死因ナンバー1は、『自殺』という世の中です。

たった10何年しか生きてないのに、その道を選んでしまうというのは本当に悲しいことです。

虐待もなくなりませんしね・・・。

 

 

他に道があるという考えを見出すことさえも、難しい年齢なのだと思いますが、大人としても命をもらった子供としての立場としても、このような悲しい事件がなくなる世の中になってもらいたいものですし、増えるのではなく減少していく世の中になってほしいです。

 

まとめ

今回は中3女子の大麻所持の理由は?ということをメインにまとめました★

 

家庭環境に関しては、まだ調査中なのか証言も出てきていません。

なにかが原因で家族の状況が良くなかったことは予想できますが、克服して元の生活に戻れることを願うばかりですね。

 

 

10代でも何歳でも自らの命をなくしてしまうことがなくなる世の中になることを心から願うばかりです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です