フェラーリが林で炎上!運転手のプロフィールは?職業は経営者!

スポンサーリンク

 

2019年4月3日の午後に山梨県の富士スバルラインでフェラーリが大破炎上する事故が発生しました。

 

現場では、フェラーリが炎上する大事故となったようですが、いったい何が起きたのでしょうか?

 

 

今回はフェラーリが林で大破炎上運転手のプロフィールは?ということをメインにまとめていきます★

 

スポンサーリンク

フェラーリが林で大破炎上の事故発生!

イタリアの高級スポーツカー「フェラーリ」とみられる車が富士山の5合目につながる有料道路の脇の林に突っ込み炎上しました。

フェラーリとみられる青いスポーツカーが道路を外れた林の中で激しい炎と煙を上げながら燃えています。3日午後3時ごろ、山梨県富士河口湖町の「富士スバルライン」で通行人の女性から「車が燃えている」と119番通報がありました。

引用元:テレ朝NEWS

 

 

https://twitter.com/nhra36jp/status/1113423949298147328

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

フェラーリが林で大破炎上の運転手は?

この事件も、えらいことになってしまっていますが、ネット上では『運転手や一緒に乗っていた人が無事でよかった』という声がある中でも『どうやったらこんな事故が起きるんだ』という批判的な声も多いです。

 

事故が起きた場所は山梨県富士河口湖町の富士山5合目に行く道の途中の有料道路です。

 

 

警察によりますと、車は左カーブを走行中、道路を外れて林に突っ込み炎上したということです。

 

 

道波はカーブということと、車1台での事故ということ、車が激しく炎上していることを見ると、運転手のスピードの出しすぎではないかと思われます。

 

 

運転していたのは27歳の経営者ということが分かりました。

自称中国籍のようで、現在は東京都南区にお住まいの男性のようです。

 

 

どんな職業で、どこで仕事をしているのか?ということまでは、個人情報保護のためか公表はされておりません。

 

一緒に乗っていた女性は35歳ということで、お住まいや職業は不明です。

 

 

 

とにかく、無事で良かったですが、どんな状況で走れば、車が炎上してしまうのか。

お高い車は、炎上しやすいイメージがついてしまうのですが、お高い車の炎上というと、私はポールウォーカーさんを思いだしてしまうのですが、炎上しやすいのでしょうかね。

 

 

もはやワイルドスピードのイメージしかないですが( ;∀;)

 

運転手の男性は額を切ってしまったということですが、早く良くなることを願っています。

 

まとめ

今回はフェラーリが林で炎上の運転手について、まとめました★

 

 

運転手は27歳の中国籍の経営者ということですが、自称なのでまだ真実は分かっていないので、分かり次第追記します。

 

今回の事故では命を落としてしまったということがなかったので、不幸中の幸いでしたね。

 

 

原因についても、もの凄いスピードで、どつかれたという可能性もないわけではないので、こちらも早くわかるといいですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です