ノートルダム大聖堂の火事の現在の現場画像は?被害明らかに

スポンサーリンク

 

フランスパリのノートルダム大聖堂で大きな火災が発生してから、2日が経ちました。

 

有名な観光名所ともなっているため、世界中で悲しみの声が挙がっていますし、世界中で話題になっていることでしょう。

 

 

今回はノートルダム大聖堂火事現在の現場画像をメインに、被害の大きなも明らかになってきたということをまとめていきます★

 

スポンサーリンク

ノートルダム大聖堂で火災発生

フランスを代表する観光名所、パリのノートルダム大聖堂で15日夕(日本時間16日未明)、大規模な火災が起きた。

中央部分の屋根が崩壊し、高さ約90メートルの尖塔が焼失。消火作業は16日未明(同16日朝)も続いている。

世界文化遺産を襲ったまさかの火災にネットも大荒れ。一時、YAHOO!のリアルタイム検索で1~3位を「ノートルダム大聖堂」「ノートルダム寺院」「尖塔」が独占した。

引用元:iza

 

 

 

 

 

 

 

 

ノートルダム大聖堂の火事の現在の現場画像は?

2019年4月15日に悲劇は起きてしまいました。

フランスパリの観光名所ともなっている、ノートルダム大聖堂にて大規模な火災が発生。

瞬く間に、火は燃え広がってしまい塔までもが倒壊。

 

このニュースはフランスではもちろん世界中でニュースとなりましたね。

 

現地のニュースによると

出火元は屋根裏にある改修工事用の足場付近とみられ、検察が捜査を開始した。消防ヘリコプターによる上空からの放水は「建物全体の崩壊につながる恐れがある」として見送られ、約400人の消防隊が地上から消火活動を行った。

引用元:iza

 

ということで、屋根裏の足場ということです。

足場がどうして燃えるのか・・・詳しい状況は、当時工事をしていた作業員にも事情聴取する方向だといいます。

 

 

本当に、悲しいニュースでTVに出るたび胸が痛くなるような映像ですよね・・(:_;)

やっと火も消し止められたようですが、現在の状況はこのような感じです。

 

火事の被害がどのようなものだったのか、写真を見るとひどいな~と、改めて分かりますね。

フランスのマクロン大統領も、同じくショックを受けた一人ですが、再建を誓い、五年以内の修復を望んでいます。

 

しかし、1000年前に建設された仏ストラスブール大聖堂の修復を手掛けるエリク・フィシャーさんという専門家によると実際には十数年はかかってもおかしくないほどの被害だったといいます。

 

バラの窓も、とても映像で見る限りでも美しかったのですが、それすらも高熱で割れてしまったといいますから・・・

また元通りになることを心より願っています。

 

 

さらに、Twitterの方がおっしゃる通り、力強くたたずむ十字架を見ると、何かのメッセージのようなものを感じますね。

 

まとめ

今回は、ノートラダムス大聖堂の火事の現在の現場画像をメインにまとめました★

 

現在の様子を見るとさらに心が痛くなってきますが、その被害は十数年かけないと修復は厳しく、バラ窓も壊れてしまったということでした。

 

現在のところ、寄付も約880億円も集まってきているそうですが、早い修復を願うばかりですし、市民の方の元気が戻ることを願います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です