Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Kenkenに2chの反応は?大麻所持で逮捕の言い訳がダサい?

 

こんにちは!

Freiheit NEWSのKYOKOです🌈!

 

 

今回はKenken2chの反応は?大麻所持で逮捕の言い訳がダサい?ということをまとめていきます!

 

Kenken(金子賢輔)が大麻所持で逮捕!

 

RIZEのオフィシャルサイトでは、2人の逮捕および逮捕報道についての報告を掲載し「ファンの皆様や関係者の皆様に多大なるご迷惑とご心配をおかけしております事を心よりお詫び申し上げます」とコメント。今後については「現在、詳細な事実確認を行っており事実が判明次第、関係各位の皆様への対応をさせて頂く所存です」とした。

引用元:音楽ナタリー

 

またまた芸能人の大麻所持で逮捕のニュースがありましたね。

 

ロックバンド好きなら誰もが知っているのではないか?と思われますがRIZEやDragon Ashのメンバーとして活躍していたKenkenこと金子賢輔さんと、同じくRIZEメンバーのJESSEが大麻所持の疑いで逮捕されてしまいました。

 

 

ネット上では夏フェスの出演などがなくなることにショックを受けている人が多く『なにしとんねん!!』と残念でならないという声がとても多いですね・・・。

 

 

しかし二人の供述としてJESSE容疑者は「大麻はわたしのもの」とする一方、Kenken容疑者は「落ちていたものを拾った」と話しています。

JESSE容疑者と一緒にいるうちに、JESSE容疑者の大麻を拾ったということなのか・・・

 

 

大麻は拾っただけで使用はしていないというアピールなのか。

 

どちらにせよ、ネットではヒドイ言い訳だと言われています。

 

Kenkenのプロフィールは?

 


名前・・・金子 賢輔(かねこ けんすけ)

生年月日・・・1985年12月30日(2019年7月時点で33)

出身地・・・東京都

血液型・・・AB型

所属事務所・・・PARADOX.Inc

 

 

金子賢輔さんはRIZEやDragon Ashなどのグループで活躍していたベーシスト兼作詞作曲家兼プロデューサーです。

 

父はジョニー吉長さん、母は金子マリさん、兄はドラマーである金子ノブアキさんと音楽一家です。

 

 

小学校からドラムやベースを練習し、15歳にして下北沢のライヴハウスを拠点にライヴ活動を始め、2006年にはRIZEのメンバーとなって活動。

 

 

Dragon Ashのサポートメンバーとしての活躍もあります。

 

2019年では夏フェスに参加する予定もあったため、今回の大麻所持報道にはファンもショックが大きいようですね・・・。

 

Kenkenの2ちゃんねるの反応は?

それでは最後に、今回の大麻所持について、2ch(現・5ch)の反応を見ていきましょう。

 

 

世間は宮迫亮の件で忙しすぎて
どうでも良いモードになってるな

 

 

RIZEはもうあかん状態だが可哀想なのはBONEZ
ボーカルだから代役立てようもないしフェス全滅

 

 

Dragon Ashなんて消えても別に変わりはいるだろ
米津玄師みたいなビックバンドではなく、単なる落ち目バンドだろ?今のDragon Ashなんて

 

 

やっぱいろいろ言ってても一発屋、
「悪そなヤツはだいたいトモダチ」しかなかった。
しかもアレ、パッヘルベルのカノン、っていう
クラッシック音楽でHIPHOPじゃないから売れたんやし。。。

 

 

拾った大麻とかダサいいい訳

 

 

大麻云々より拾った草って言い訳のダサさがショック

 

 

RIZEがなき事になってるのが何とも悲しい
金子ノブアキに忖度してるのか?

 

 

まとめ

今回はKenkenに2chの反応は?大麻所持で逮捕の言い訳がダサい?ということをまとめました!

 

 

 

今回の記事では主にKenken容疑者について書かせていただきましたが、ファンのショックは大きいですよね。

 

この間、田口淳之介さんの薬物の件が問題になったばかりなのにな~・・という思いですね。

 

 

しかも「拾った」というどこか、モヤモヤな供述にファンも戸惑ってしまったようです。

 

これからは戦いの日々になると思いますが、しっかりと更生して暮れることを願っています!

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。